無料の会員登録をすると
お気に入りができます

味はもちろん、見た目もこだわる。 思わずカメラで撮りたくなる!可愛いカップで珈琲を楽しめる喫茶店5選

グルメ

1.’70年代の記憶を集めた、初めてでも懐かしい場所〈喫茶ネグラ〉/下北沢

原点は「母が使っていた昭和40年代のナルミ製の花柄食器。もともと喫茶店も好きだったので、自分の好きなものを合わせたレトロ喫茶をやってみたくて」と店主の古谷愛実さん。

昭和30~40年代に流行したマグは店の愛用品の一つ。キャラメルミルク600円。同時代のポップな絵柄の食器を蒐集し、家具は古道具店を回ってそろえた。

天井にはレアなナショナルのランプシェードが光を灯す。扉を開けると、まるでおばあちゃんの家に来たかのような既視感に包まれる。店主は美大生時代から1960〜70年代の世界観が好きだったのだとか。

(Hanako1150号掲載/photo : Satoshi Nagare text : Yoko Fujimori)

喫茶ネグラ
下北沢駅

喫茶ネグラ

2.花柄のカップが時代をつなぐ〈CAFÉ ILE〉/蔵前

蔵前で37年間営業した喫茶店を、若き店主・多田佳織さんがほぼ“居抜き”で引き継いだ。「物件を探していた時、閉店予定だったこの店に出会い、昭和の雰囲気に一目惚れしました。直火式のサイフォンも花柄のカップ&ソーサーも、前店主から譲り受けたんですよ」と多田さん。約40年愛用されるカップは青と赤の2色。コーヒーはサイフォンで。ブレンド450円

マーブルの天板のテーブルや重厚な木製イスなど、家具も内装も1970年代末の時代感が詰まっている。間仕切りの意匠も昔のまま。

(Hanako1150号掲載/photo : Satoshi Nagare text : Yoko Fujimori)

CAFÉ ILE
蔵前駅

CAFÉ ILE

3.ジャズを自由に愉しむ人に愛された喫茶〈マサコ〉を受け継ぐ。〈Jazzと喫茶 囃子〉/下北沢

惜しまれながら56年の歴史に幕を閉じた老舗ジャズ喫茶〈マサコ〉。店員のひとりだった林美樹さんが昨年オープンしたこのお店。〈マサコ〉のオーナーから受け継いだノスタルジックなオリジナル食器と名物「あんトースト」600円は今も健在。素朴な可愛らしさが、そこにはある。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ