無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[おうちごはんインタビュー vol.19]@ykazuki さん

レシピ

肉じゃがもフライパンで素材を炒め、酒・砂糖・醤油で蒸し煮にするだけという新しい作り方に変えてから、作るのが楽になりました。これらは家庭料理の代表格で、お気に入りです。

ykazu(カズ) on Instagram: “今日の一汁一菜 春の肉じゃが、キャベツとお揚げさんのみそ汁 ----…”
instagram.com

ykazu(カズ)さん(@ykazuki)がシェアした投稿-2018年 2月月9日午後11時14分PST

▲カズさん流「肉じゃが」の作り方

―― どれもおいしそうです! 献立は「一汁一菜であること」のほか、「旬をできるだけ意識すること」、「栄養の偏りがあまりないこと」、「20分くらいで作れること」という4つのポイントを心掛けているそうですね。

そうです。毎日献立を考えることが負担になっている人も多いと聞きます。なのでこの4つのポイントを押さえた献立を発信することで、みなさんの手助けになれればと思っています。
栄養も細かいことを考えるのではなく、今日が肉だったら明日は魚にしたり、野菜を使いたかったらみそ汁に入れたり、カルシウムが足りないと思ったらにぼしの出汁がらも一緒にいただく。それくらい肩の力を抜いて料理を楽しむようにしています。

―― そういったお料理の数々をインスタグラムに投稿するようになったのはいつからでしょうか?

インスタグラムを始めたのは5年くらい前なのですが、最初は主にお店で食べた料理をアップしていて、その中に自分で作ったものも少しあるという程度でした。
一汁一菜を投稿し始めたのは2年ほど前です。フォロワーさんが増えたタイミングでTwitterも始めて、そちらではどちらかというとレシピ以外の料理の気付きを書いたり、別の構図の写真を載せたりしています。

―― インスタグラムやTwitterを始めてみて何か変化はありましたか?

フォロワーさんに見ていただいているという意識があるので、おかげさまできちんと作るということを継続できています。本当のことを言うとレシピを書くのは嫌だったのですが、よく質問をいただくので載せるようにしました。その結果、自分が自然にやっていたことを言語化することで「なぜその手順でやったのか」など改めて考えたり気付いたりすることができたので、やって良かったなと思っています。あとはこうしてメディアの方にお声がけいただけているのは大きな変化だと思います(笑)。

ykazu(カズ) on Instagram: “今日の一汁一菜 芽キャベツとカリフラワーのカレー炒め、おあげさんのみそ汁 ---- ベーコンはブロックを拍子木切りに。芽キャベツは半分、根元に縦に切り込みを入れます。カリフラワーは茎から切って食べやすい大きさに切り、さっと塩ゆでしておきます。…”
instagram.com

―― ご協力いただき、恐縮です(笑)。ちなみに普段、インスタグラムにはどういったモチベーションで投稿していますか?

「今日もおいしくできたよ、見て!」というだけなのですが、少しでも旬やきちんと作ったおいしさが伝わればと思っています。ただ、毎日作らないといけない、あるいは毎日投稿しないといけないというような強制感はないので、モチベーションはあまり考えたことがないですね。料理をしたくない日もやっぱりありますから。

ykazu(カズ) on Instagram: “今日の一汁一菜 手まり寿司、蛤と菜の花のお吸い物 ---- 桃の節句ということでハレのお膳。にぎり寿司は難しいので簡単にできる手まり寿司を。 さらしの布巾を水で濡らし固く絞って用意しておく。ラップでもできるが、布巾だとほどよくしっとりとするのでおすすめ。清潔なガーゼでもよい。…”
instagram.com

―― なるほど。逆にカズさんが注目しているハッシュタグやインスタグラムごはんはありますか?

最近はお弁当に注目しています。上等な「曲げわっぱ」をいただいたので、自分でもお弁当を作るならどうするか考えながら、ハッシュタグをチェックしています。みなさん、朝からきれいにきちんと作られているので勉強になりますね。それらを参考にしながら、品数を控えつつも栄養があって、肩の力を抜いて作れるようなものを考えたいと思っています。

ykazu(カズ) on Instagram: “今日の弁当 焼き鮭、ササミのマヨ焼き、玉子焼き、いんげんのおかか和え ---- 素晴らしい曲げわっぱをいただいたので天気も良いしお弁当を。…”
instagram.com

―― インスタグラムは写真も重要ですが、おうちごはんをおいしそうに撮影するためのコツはありますか?

ちょうど食卓の前と横にある大きな窓から光が入りますので、お昼に限ってはそのまま食卓で撮影しています。構図はご覧のとおりバリエーションが少ないのですが、ありがちな真上からの俯瞰撮影はなるべくせず、食卓に運ばれたばかりの出来立ての瞬間を切り取るようにしています。カメラはミラーレスの単焦点レンズですが、あまりぼかすことなく、インスタグラムのアプリだけを使っています。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ