無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「素敵な女性だな」と思われる♡知っておきたい四季の花と花言葉

ライフスタイル

花言葉を知れば、花を見る目が変わる

可愛い花、綺麗な花。花はインテリアや贈り物としても定番ですし、街を歩いているだけでも、道端の野の花や公園の花壇の花が季節を感じさせ、私たちの目を楽しませてくれます。そんな花々にはそれぞれに花言葉があります。

それは神話や伝説が由来だったり、花の姿そのものから想起させられるものであったり、様々です。今回は、私たちの生活に身近な季節ごとの花の花言葉をご紹介します。花言葉を知れば、花を見かけたときの印象も変わります♡

春の花

タンポポ「別離」

タンポポを見かけるようになると春を感じますよね。タンポポの花言葉には「誠実」「幸せ」などもありますが、「別離」は、綿毛になったタンポポが風に吹かれてどこかへ飛んでいく様子から来ています。身近で可愛い花だけれど、意外と切ない花言葉もあるんですね。

クローバー(シロツメクサ)「約束」

様々な場所で見つけられるシロツメクサ。四葉のクローバーは幸運のお守りとして広く知られています。花言葉は「約束」。アイルランドでとある聖人が様々な奇跡を起こしたことが由来で、アイルランドの国花にもなっています。

菜の花「小さな幸せ」

Instagram

写真・動画の投稿が

削除された可能性があります。

おひたしなど食用にされることもある菜の花。花言葉は、可憐な小さな花を茎の先に咲かせることから来ています。野に咲く菜の花を摘んで飾ったり、菜の花を食べて春を感じたり。目にも舌にも小さな幸せを感じさせてくれる花です。

桜「精神の美」

Instagram

写真・動画の投稿が

削除された可能性があります。

日本人に馴染み深い桜の花の花言葉は、アメリカ初代大統領のジョージ・ワシントンが父が大切にしていた桜の木の枝を切ってしまい、それを正直に告白したという高潔な精神性を表すエピソードが由来。この花言葉のように美しい精神を持ちたいですね。

ツツジ「慎み」「節度」

記事に関するお問い合わせ