無料の会員登録をすると
お気に入りができます

築56年いろいろ丸見えの家なのにおしゃれで散らからない理由

インテリア

キッチン、リビング、子ども部屋まで全部丸見え!少なく見えても物は多い、なのに散らからないコツがあるんです。ヒントは扉をはずし、死角を利用した収納!リビングで放置されがちな家族の私物の解決策も必見です。

<教えてくれた人>
君島佳代子さん(北海道 45歳)
盆栽教室講師の夫(46歳)と中3の長男、3歳になる元・野良犬のポロトと暮らす。週4日のパート勤務。インスタアカウントはkayokokk

◎HOUSE DATA◎
築56年/持ち家一戸建て/66平米(1階のみ)

扉ははずし、見せたくない物は死角にしまうようにしたら、散らからなくなりました!

祖母から受け継いだ一戸建てに結婚当初から暮らす君島さん。2階は夫の仕事場のため、居住スペースは1階のみ。入るとキッチン、リビング、息子の部屋まで全部見渡せる間取りになっています。「元々服も雑誌も大好きで、たくさん持っていたいタイプ。でも古い家なので、しまい込んでいたらカビてしまって。泣く泣く量を減らし、風通しをよくするため、詰め込まない・扉がない今の収納に落ち着きました」。
丸見えにすると、何がどこにあるかすぐわかり、出し戻しがラク。扉が付いているときよりむしろスッキリ片づくようになりました。

Q キッチンに物が少ないのはなぜ?

A 死角だから見えないだけで、物は多いです。

リビングからキッチンが丸見えの君島家。シンクの上だけはスッキリしているけれど、実は絶妙に使いやすい位置に物が置かれています。

学校のプリントなど、よく見る紙類は冷蔵庫の側面に。「いちいち出したりしまったりは面倒なので、リビングからは見えない位置に貼っています」。

コンロ下の収納は観音開きのドアをはずし、突っ張り棒でカーテンに。「ここもカビ対策でしたが、見た目もスッキリして出し入れもラクになりました」。

1段目

おたまや菜箸、味見用小皿。

2段目

毎日使う食器とカトラリー。

3段目

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ