無料の会員登録をすると
お気に入りができます

100%自分好みの香りを再現♡手作り香水のレシピ

完璧に自分好みの香水をつければ、1日中幸せな気分でいられそうですよね。お店で気に入ったものがなければ、手作りしてみませんか?

2018年5月
DIY

自分好みの香水が欲しい♡

欲しい香りがあるけれど、お店では見つからない。そんなときは、自分で作ってみませんか?何種類かストックしておけば、気分に合わせて毎日変えることもできますよ。

まず最初に、基本のレシピをご紹介します。

基本のレシピ

必要なもの

creon-diy.jp

無水エタノール7.5ml
精製水2.5ml
お好みの精油2滴まで

ビーカー
ガラスアトマイザー(10cc)

2~3日おくとさらにベター♡

creon-diy.jp

エタノール、製油、精製水の順にアトマイザーに入れましょう。あとは蓋を閉めて、よく振るだけで完成です。2~3日そのままにして、香りが馴染んできたら使い始めてくださいね。

香りに変化をつけて

もっと複雑な香りに仕上げたいときは、精油を混ぜてみましょう。レシピ通りに3種類の精油を合わせると、トップからラストノートまで楽しめるんです。

必要なもの

必要な材料は、スウィートアーモンドオイル適量と精油3種類です。タイプ別に次のような分量で混ぜると、トップ~ミドル~ラストノートになりますよ。それぞれの持続時間は約15分と約1時間、10~15時間です。

フレッシュ:
ライム5滴 レモングラス3滴 イランイラン5滴

リラックス:
ローズマリー3滴 ラベンダー10滴 パチョリ2滴

エキゾチック:
ベルガモット5滴 ローズ6滴 クローブ3滴

スウィートアーモンドオイル 200ml

無印良品

¥ 1,890

アーモンドの種子から絞った、肌に優しい天然由来のオイル。香水の材料としてだけでなく、ボディローションとして全身のケアにも使えます。

商品詳細
スウィートアーモンドオイル 200ml
www.muji.net
商品詳細

ドライフラワーを入れるとさらにオシャレ♡

スイートアーモンドオイルをアトマイザーの3/4ぐらいまで注ぎ、精油を加えます。ドライフラワーやハーブを入れても素敵ですよ。手首の内側や耳の後ろ、首などに塗ると、ほど良く香ります。

本物のバラを香水に♡

バラの花束をもらったら、香水を作ってみませんか?本物のバラならではの女性らしくゴージャスな香りで、いつもよりラグジュアリーな気分に浸れますよ。

必要なもの

バラの花
無水エタノール
精製水

容器
すり鉢
すりこぎ
茶こしまたはざる

根気良く潰すのがポイント!

精製水とエタノールを1:1の割合で混ぜてから容器に注ぎ、バラを潰します。こうすると紫色の液体が出てくるので、茶こしで濾しましょう。何度か繰り返して、水の色が濃くなればできあがりです。

練り香水にアレンジ!

creon-diy.jp

できあがった香水を持ち歩きたいときは、練り香水にアレンジしておきましょう。香りが周囲に広がらないので、外出先でこっそり塗り直すこともできますよ。

必要なもの

creon-diy.jp

ワセリン
香水
缶などの容器
ヘラ

ワセリンが固まっている場合は、ドライヤーなどで少しだけ温めると良いでしょう。

よく練って混ぜるだけ!

creon-diy.jp

ヘラでワセリンをすくって、容器の八分目ぐらいまで入れます。ここに香水を10滴ほど垂らし、ムラがなくなるまで混ぜれば完成です。

オリジナル香水に癒されて♡

毎日つける香水が自分の気分にぴったり合っていると、1日中気持ちよく過ごせますよ。意外と簡単に作れて材料費もかからないので、ぜひ試してみてくださいね♡

記事に関するお問い合わせ