無料の会員登録をすると
お気に入りができます

女友達から彼女候補へ!「特別な異性」として意識されるためのキッカケ7つ

気になる男性と友達になれたものの、その次のステップになかなか進むことができないと悩んでいませんか?友達から彼女になるのは難しいと思いますが、キッカケを上手く取り入れることが大切。今回は、男性が女友達を異性として意識する瞬間をまとめてみました。

2018年5月
恋愛・結婚

友達からなかなか発展しない…

「気になる人がいて自分なりにアプローチしてるんだけど、友達としか思ってくれない」と悩んでいませんか?片思いがなかなか成就しないと、つい気持ちに焦りが出てきてしまいますよね。

でも、男性は意外と単純なことで女友達に“オンナ”を感じて、その気になっちゃうことがあるんだとか。今回は、男性が女友達を異性として意識する瞬間について、ご紹介したいと思います。

男性が女友達を「異性」と意識する瞬間

1. 女性らしくイメチェンしてきた時

普段コンタクトをしているのにメガネをかける、髪型を女性らしいアレンジするなどのイメチェン具合では、甘いです。「異性」と認識させるには、女性ならではの服装がおすすめ。

普段パンツスタイルが多いなら、たまには女性らしいスカートやワンピースなどを着てみる、髪をまとめているなら下ろしてみるなど、ストレートに「私は女性です」と相手に意識させることが大切です。

2. 恋愛相談をされた時

普段気の合う女友達から急に恋愛相談をもちかけられると、男性が「あ、コイツも女だった」と意識するようになるのだとか。思い切って、気になる男性にあえて片思いの相談をしてみるのもいいかもしれません。

恋愛相談してるうち、いつの間にか恋仲に発展するというケースも結構聞く話。ただし、相談内容によっては関係性が壊れてしまう場合もあるので、軽い愚痴程度に留めておくのがよさそう。

3. 近づくとフワッといい匂いがした時

男性はいい香りにとっても弱い生き物です。ここぞという時にいい香りをまとっておくと、恋愛対象として昇格できるチャンス!それくらい香りは恋愛において重要なポイントと言えます。

アメリカの心理学に関する実験によると、男性が女性の髪の毛に触れることでその女性を好きになる可能性は、なんと30%も高くなることがわかったのだとか。シャンプーやヘアコロンなど髪から漂う香りを見直してみて。

4. 一緒にいて安心感を感じた時

友達として長い間付き合っていると、男性はあなたのことを友達としか見れなくなっている可能性が高いですが、付き合いが長いからこそ唯一無二の存在であることを気づかせることができる大きなチャンスでもあります。

精神的なダメージを癒やしてあげることはもちろん、「◯◯くんが好きなやつだね」「これは二人だけの秘密ね」など、関係がちょっと特別なことを伝えれば彼をドキッとさせられるはず。

5. さり気なくボディタッチされた時

男性はちょっとしたスキンシップでも、思わずドキッとしてしまう人がほとんど。もちろんあざとくやってしまうと逆効果なので、あくまでも自然体で試すのが一番です。

男性が意識してしまう効果的なパーツは「背中・太もも・二の腕」の3つ。背後から声をかけたり呼んだりする時に、ボディタッチを取り入れてみてくださいね。

6. 弱さを見せた時

普段は明るく振る舞っている女性がいつもそうかと聞かれれば、それはNOですよね。周りには能天気に見えていても、一人になった時にあれこれ悩んで落ち込むことだってあるはずです。

そんな時は、男性と二人きりになったタイミングで不安を漏らしてみるのもいいでしょう。いつもと違う様子に「この子も繊細な子なんだな」と思って女性として意識してくれるかもしれません。

7. 色気を感じた時

イメチェンと同じですが、色気を出せるのも女の武器の一つ。女性らしい仕草を有効的に使いましょう。ただし、狙ったセクシーさよりも自然な色気の方が、男性をよりドキッとさせる効果があります。

例えば、髪の毛をかきあげる動作や、肩や胸元がチラッと見える服装など。普段はサバサバしている女性でもふとした瞬間に女性らしさが垣間見えるとあなたを嫌でも意識せざるを得なくなるはず。

キッカケを作って女友達から卒業!

女友達から彼女候補に昇格するには、ささいなキッカケを作れるかどうか。今回ご紹介した方法の中で「これなら自分ができそう!」というものからぜひトライしてみてくださいね!

記事に関するお問い合わせ