無料の会員登録をすると
お気に入りができます

夏のまえに見直したい!無駄なものをなくす「冷蔵庫収納術」

インテリア

夏目前!冷蔵庫収納を見直しませんか?

各地で梅雨入りが発表されいよいよ夏目前。ジメジメと蒸し暑いこれからの季節は、食材の管理にはより一層注意が必要です。そんな今だからこそ、改めて冷蔵庫収納を見直してみませんか?

そこで今回は、今すぐ役立つ「冷蔵庫の収納アイデア術」を一挙大公開!ぜひチェックしてみてくださいね。

1.冷蔵室

①食材はプラスチック保存容器で管理

Instagram

写真・動画の投稿が

削除された可能性があります。

余った食材や常備菜は、大きさ&デザインの同じプラスチック保存容器に入れて管理すると、スペースを有効活用できます。マスキングテープでラベリングしておけば中身が一目瞭然です。

②プラスチック保存容器&ボックスでスッキリ見栄え良く

粉類や細々とした調味料などをプラスチック保存容器やボックスに小分けして収納しています。取っ手付きのボックスなら取り出しやすくストレスフリー。色味を統一することで見栄えも完璧です。

③ワイヤーバスケットなら中身が分かりやすい

ボックスやプラスチック保存容器では中身が分かりにくい…そんな方にはワイヤーボックスを使った収納術がおすすめです。中身の管理がしやすく、使い忘れの予防にも。

④フリースペースを作っておく

カレーの残りなど、鍋ごと冷蔵庫に入れたい時に備えてフリースペースを作っておくと便利です。いざというときのために習慣化しておくと◎。

⑤小分け収納するとお掃除も楽々

プラスチック保存容器やボックスで小分け収納しておけば、見た目がいいのはもちろんお掃除も楽々!収納ケースごと取り出して、除菌スプレーでサッと拭き取ってお掃除完了。これならマメにお手入れできそうですよね。

記事に関するお問い合わせ