無料の会員登録をすると
お気に入りができます

私に合うのはどれ?「日焼け止め」の正しい選び方

日差しが強くなる季節がせまってくるこの時期に、知っておきたいのが紫外線対策。そこで欠かせないのが「日焼け止め」ですが、たくさん種類があることをご存じでしょうか?そこで日焼け止めの正しい知識や選び方を解説します。

美容

日焼け止めが欠かせない季節が到来

正しい知識と選び方を学びましょう

日差しも強くなり、日焼け止めが欠かせない季節がやってきます。SPFやPAって何?肌に合わないときは何を基準に選び直せば良いの?と日焼け止めについて知らないことも多いのではないでしょうか。

この旅行、ビーチ・プール用に持って来た日焼け止めは #アネッサ 🌞白浮きしづらく黒の水着も汚れないし、つけたお肌はサラサラに🏖なのに水に強い!絶対焼きたくないときは、やっぱり定番が安心☀️
.
#資生堂 #shiseido #anessa
#日焼け止め #サンスクリーン #sunscreen #紫外線対策 #紫外線ケア #uvケア #美白  #夏コスメ #ハワイ #hawaii #ハワイ旅行 #旅行コスメ #ポーチの中身 #旅行好きな人と繋がりたい #コスメ好きな人と繋がりたい  #美容好きな人と繋がりたい  #ハワイ好きな人と繋がりたい  #inhawaii #hawaiistagram  #ハワイスタグラム #waikiki  #waikikibeach  #ワイキキビーチ #kalakaua #コスメ #美容
instagram.com

そこで日焼け止めの正しい知識と選び方を解説します。自分の肌に合った日焼け止めを選びましょう。

効果で選ぶなら「SPF」「PA」を基準に

まず知っておきたい紫外線の知識

紫外線を防ぐために日焼け止めを塗りますが、そもそも「紫外線」とは?紫外線は人間の目には見えない光で、紫外線A波(UV-A)、紫外線B波(UV-B)、紫外線C波(UV-C)の3種類あります。

3種類の紫外線

UV-Aは肌の奥深く真皮まで届き、肌内部に活性酸素を作りだします。その影響で肌のコラーゲンやエラスチンが破壊し、シワやたるみなど肌の老化を招くのです。

UV-Bは肌が赤くなる炎症を引き起こします。日差しを浴びて肌が赤くなり日焼けするのはこの紫外線の影響です。肌表面には活性酸素が発生し、メラニン色素を作ってシミやそばかすの原因となります。

UV-Cはさらに有害で皮膚病を引き起こします。今までは地球の外側にあるオゾン層に吸収されて地表に到達することはありませんでしたが、最近はオゾン層が破壊されているので地表にも届いているそうです。

「SPF」はUV-Bを防ぐ指標

SPFとは「Sun Protection Factor」の略で「紫外線防御効果」という意味です。UV-Bを防ぐ効果を表す指標。10から50+まであり、数値が大きいほど効果も大きいです。

数値の意味としては、普段日焼けにかかる時間をどれだけ遅らせられるかを表しています。SPF30なら30倍遅らせられる、SPF50なら50倍遅らせられるというように。

記事に関するお問い合わせ