無料の会員登録をすると
お気に入りができます

寸胴体型にサヨナラ!-5cmウエストをくびれさせる7つの方法

年々、ウエストが見当たらない寸胴体型になっていませんか?キュッと引き締まったくびれは、女性らしくて魅力的ですよね。そんなくびれを手に入れて、ウエストを5cm引き締める方法をレクチャーします。

2018年5月
美容

くびれたウエストを手に入れよう!

気温が上がり肌露出が増えると、ウエストやお腹まわりが目立ってきます。

カーブを描いたくびれがあると、バストアップ&ヒップアップして見える効果も得られます。そんな一気に女性らしいボディラインになれる、くびれ作りの方法をレクチャーします。

姿勢を正す

①正しい姿勢がくびれに効く

実は正しい姿勢をキープするだけで、くびれ作りに役立ちます。

お腹を引っ込めて胸を張り、アゴを引きましょう。正しい姿勢をキープするには全身の筋肉を使い、特に下腹部に負荷がかかります。それだけで脂肪燃焼するので、ウエストに効果が出ますよ。

instagram.com

後ろに壁がある状態で、壁にかかと・ふくらはぎ・お尻・肩・後頭部がピタッと付くように立つのが理想です。腰に手のひら1つ分のスペースを空けるのがポイントですよ。

座り方を意識する

②膝&太ももを付けて座る

オフィスや電車で座る時も、ちょっとした意識でくびれが作れます。

骨盤を前傾にしたまま座り、胸を開いて背筋をまっすぐ伸ばしましょう。左右の膝&太ももをピッタリくっつけることで、くびれに効果的な左右の脇腹の「腹斜筋」が鍛えられます。

トレーニングで鍛える

③立って腹斜筋トレーニング

くびれを作るには、脇腹にある腹斜筋を鍛えるのが効果的です。

instagram.com

立った状態で膝を緩めたら、骨盤を斜め前に出すイメージで縮めましょう。縮める時に息を吐いて絞ります。お腹の縦線&くびれに効き、いつでもできるのでチャレンジして下さいね。

④横になって腹斜筋トレーニング

次は、横になった状態の腹斜筋トレーニングをご紹介します。

instagram.com

肘を肩下に付いて横になったら、腰を持ち上げます。腹斜筋を意識して、下がる時に息を吐きましょう。反対側も同様に、できる回数を繰り返します。TVを観ている時にできる、ながらトレーニングです。

⑤ツイストストレッチ

下腹部を使いながら腰をひねるストレッチも、ウエストにアプローチします。

instagram.com

両足を揃えて座り後ろに体を傾けたら、両手を胸の前で合わせます。胸を真横に向けるように、おへそからツイストしましょう。次に両手を頭に添えて足を上げ、バランスを取りながら左右にひねります。腹筋を使うので、ポッコリお腹も改善できますよ。

⑥バックランジ+ウエストひねり

慣れてきたら、少し難しい動きにも挑戦していきましょう。

instagram.com

立った状態から、膝を曲げて片足を後ろに大きく1歩引きます。引いた足と逆方向にウエストをひねったら、足と上体を同時に戻しましょう。腹筋を使って体を戻すのがポイントです。

マッサージで掘り起こす

⑦ウエストの老廃物をOFF

ラストは、くびれを掘り起こすマッサージにトライしましょう。

instagram.com

助骨の下を脂肪を動かすイメージで、背中〜腰〜股関節へ強めに流します。滑りを良くするために、オイルやクリムを付けましょう。脂肪は柔らかくすると燃焼しやすいので、トレーニングと合わせて揉み出しも大切です。

私にもくびれが♡

くびれがあるとバストやヒップの丸みが強調され、全身のスタイルアップに繋がります。結果を急がず無理をしないで、隙間時間に行いましょう。きっと夏には綺麗なラインのくびれがGETできますよ。

記事に関するお問い合わせ