無料の会員登録をすると
お気に入りができます

修羅場から一転!浮気&不倫のあとの再構築術

浮気や不倫はした方が悪い。けれど、非があるのは相手だけでしょうか?自分の行動や言動にも至らない部分があったかもしれません。修羅場のあとの再構築術をご紹介します。

2018年5月
恋愛・結婚

修羅場のあとは再構築

彼や夫の不貞発覚後は、大きな修羅場を迎えます。多くの方が精神的に不安定になり、泣いたり怒ったり、時には自分を責めたりと感情のコントロールが効かなくなります。

浮気や不倫は悪いものですが、ネチネチと男性を責め続けるのは時として逆効果。うんざりされ、相手の女性のもとへ戻られてしまう可能性もあり!ある程度発散したら冷静に自分のことも分析しましょう。

不貞を働いたパートナーはなぜフラフラしてしまったのか。その原因の1つは自分にもあったのではないか。深い傷を掘り返すのはとても辛い作業ですが、膿を出し切れば二人の将来が見えてきますよ!1つずつチェックしていきましょう。

①彼に対する気持ちは?

相手への配慮が減っていませんでしたか?

なぜ彼はあなたという存在がいるのに他の女性の元へいってしまったのでしょうか。それは、あなたに対して何らかの不満があったのかもしれません。

空気のような存在になってしまった関係は相手への配慮が失われがちです。「ありがとう」「すごいね」「頼りになるね」などの感謝の言葉が発せられなくなり、不満を伝えるだけになっていませんでしたか?

男性は自分をたててもらいたい生きもの

男性は褒められたり自尊心をくすぐられるのが大好きな生きものです。なあなあの仲になるとそういった言葉は発せられなくなりますよね。しかし、不倫中のカップルはラブラブモード全開。お互いを褒め合い、良いところをみつけ、最高の気分でいます。

会うたびにおしゃれをし、盛り上がりも最高潮。倦怠期カップルと付き合いたてカップルでは温度が天と地ほど違いますよ。そういった熱量の差も他の女性へ走らせてしまう原因の1つです。

感謝の気持ちを言葉にだそう

不倫や浮気の修羅場後は、二人の関係を見直す良いきっかけです。彼が悪いのは百も承知ですが、自分の言動や行動に至らぬ点があったかどうか分析してみましょう。そして「○○の部分が悪かった。ごめんね」と謝ってみてください。

すると、不貞を責められまくっていた彼の顔が一転しますよ。浮気をするのは悪い行為だと内心では分かっているのです。先に逃げ道を作ってあげるのも二人の関係修復への近道となります。

記事に関するお問い合わせ