無料の会員登録をすると
お気に入りができます

梅雨のダルさ解消♡巡りがよくなる「3・3・3入浴法」って知ってる?

巡りをよくするために、熱いお風呂に肩まで浸かって、3分間出たり入ったりする入浴法があります。それが「3・3・3入浴法」。美容に健康にうれしい効果があるようです。

2018年6月
美容

「3・3・3入浴法」って知ってる?

キレイになれるお風呂の入り方

美容のためのお風呂と言うと、ぬるめのお湯に長い時間半身浴をする、と考える方が多いのでは?その常識を覆す新たな入浴法をご紹介します。それが「3・3・3入浴法」です。

時短なのにキレイになれる入浴法なんです。やり方やメリットについて詳しく解説します。

「3・3・3入浴法」って?

3分入る×3分出る×3セット

「3・3・3入浴法」とは、「3分」で41~42度のお湯に肩までしっかり浸かり、次の「3分」でいったん湯船から出て休憩し、これを「3セット」繰り返す方法です。

半身浴ではなく肩までしっかり浸かる全身浴というのがポイント。湯船から出ている間は、体や髪を洗ったりしましょう。最後に湯船を出たときに、お風呂も上がります。合計約20分で効率的に体を温めることができるんです。

3・3・3入浴法のメリット

巡りが良くなる

3分間肩までお湯に浸かることで、水圧による負荷が全身にかかります。次の3分で湯船から上がって体が圧力から解放されることで血液の循環が良くなるのです。

血流が良いと体の巡りが良くなり、体がしっかりと温まり、入浴後もぽかぽかが持続します。また、血流が良くなれば老廃物が排出されやすくなり、スリムな美ボディへの第一歩となるでしょう。

短時間でしっかり体が温まる

ぬるめのお湯だと体が温まるのに時間がかかるので、湯船に浸かるだけで15~30分ほど要します。3・3・3入浴法なら、入浴時間がトータルで20分。かなりの時短ですよね。

短時間でしっかり体を温めることができ、入浴時間を短縮できるので、忙しい人でも取り組めます。

記事に関するお問い合わせ