無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「モノが捨てられない女」を卒業!ステイホーム中に捨てるべき12のもの

インテリア

私、モノが捨てられない女です…

せっかくのステイホーム期間に見直して!

年が明けて1ヶ月が過ぎ、いつのまにか部屋にいらないものがたまってきていませんか?ついついためこんでしまう、“モノが捨てられない女”なんです…とお悩みの人もいるでしょう。

せっかくのステイホーム期間で家にいる時間も長いので、この機会に家の中を見直してみてはいかが?そこで今回は、“捨てられない女”を打破すべく、捨てるべきモノについて解説します!

モノを捨てるための簡単な3ステップ

ステップ1.全部出す

Susumu Yoshioka / Getty Images

捨てたいな、片付けたいなというモノがあれば、ひとまず全て出しましょう。どれだけ持っているのかを把握する作業です。視覚的にこれだけ持っていると実感できれば「いくらか捨てなきゃ!」という気持ちにもなります。

ステップ2.いるモノ・いらないモノに分ける

ondacaracola photography / Getty Images

全て出したモノは「いる」「いらない」で分けます。明らかに劣化しているもの、もう使わないものは「いらない」。ただし、捨てるのが切ないと感じるモノは無理に捨てる必要はありません。気持ちよく捨てられるものだけ捨てましょう。

ステップ3.いるモノは使いやすく収納する

Damian Lugowski / Getty Images

「いる」と残したモノは、使いやすくなるよう収納をしましょう。使い勝手が悪いと、つい新しいモノが欲しくなります。今ある収納に収まらないならいらない、増やさないと考えると、モノをため込むこともありません。

それでは、具体的にどんなモノを捨てたらいいのかを見ていきましょう。

捨てたいモノ①服・ファッション小物

ヘビロテは見える収納・ときどきは見えない収納

服やバッグ、靴、アクセサリーなどファッション関連はたまりやすいモノばかりです。おしゃれが好きだと、ついついたくさん買ってしまいますよね。全出しして「いる」「いらない」で分けたら、使いやすい収納を作っていきましょう。

記事に関するお問い合わせ