無料の会員登録をすると
お気に入りができます

結婚してOK?彼氏との将来を見極める5つの方法

彼氏のことは好きだし、ある程度の期間お付き合いもしているけれど、この先の将来はどうするのか悩んでしまうという人も少なくありません。結婚の話も明確にならないと不安になってしまうもの。結婚するか、別れるかどうか迷っている方に、彼氏との将来を見極める方法をご紹介しましょう。

2018年6月
恋愛・結婚

長く付き合っている彼氏との将来、どうしよう…

結婚する?それとも別れる?

交際してある程度の長さが経つと、将来は彼と結婚するのか、それとも将来が見えないから別れるのか、迷う時期は来ますよね。長く交際するほどに彼に対して愛情も湧いてくるのが正直なところではないでしょうか。

交際している彼との将来を迷った時には、こんな方法で考えてみましょう。大好きな相手と結婚するのはもちろんですが、結婚は感情だけではどうにもならないことがあるのも事実です。5つの項目から彼との将来を見極めてみましょう。

⒈交際して半年経っている?

結婚適齢期なら将来のことを考える時期

「交際してある程度の期間が経つ」と言っても、もしあなたがまだ交際して半年未満の場合には、結婚のことを現実的に考えるのは少し早いかもしれません。半年ほど経ってようやく、お互いの良いところも悪いところもなんとなく見えてくるのではないでしょうか。

結婚は生活を彼と共にすることです。金銭的なことや家族に対しての責任など、今後は二人で考えていくことも増えていくでしょう。もし二人とも結婚適齢期である場合には、結婚願望があるのかどうかを交際前に話し合っておくことも大切かもしれません。

⒉経済的な自立をしてる?

仕事が安定し、金銭的にも余裕があるか

あなたが結婚したいと思っていても、もしまだ彼が学生だったり、独立したばかりで経済的に安定していなかったり、金銭的にまだ厳しい状態である場合には、あなたとの将来を考える余裕がないかもしれません。

結婚後も男女共にバリバリ仕事をがんばりたい人も多くなって来ましたが、妊娠や出産を経て、家族が増えても男性一人の経済力で養っていけるのか、彼女のことを妻として守っていけるのか、など男性は結婚する前に色々と考えたいこともあるのです。もし彼が結婚の準備をできるような状況ではない場合には、今の関係の方がいいのではないかと考えている可能性もあります。

⒊家族や友達に紹介し合っている?

まだ結婚のことを具体的に話し合っていなくても、家族や友達、職場の仲間などに「彼女」として紹介されたことはありますか?交際しているといっても、軽い気持ちで交際している場合もあれば、将来のことをきちんと考えて交際している場合もあります。

男性は人間関係や社会的なことをとても気にします。あなたがまだ彼女として周りに紹介されていないのなら、彼の中であなたはまだその段階に達していない証拠かもしれません。紹介される場合でも「彼女です」という言葉がなく、曖昧に紹介されてしまう場合には、あなたとは真剣交際ではない可能性もあります。

記事に関するお問い合わせ