無料の会員登録をすると
お気に入りができます

“疲れる女”と“癒やされる女”の違いって?知っておきたい2つのタイプ11つ

男性からすると一緒にいて「疲れる女」と「癒やされる女」がいるようです。そこで、2つのタイプの女性の違いを徹底解説します。

2018年6月
恋愛・結婚

男性にとって私はどんな女性?

“疲れる女”より“癒やされる女”になりたいの

男性からすると一緒にいて「疲れる女」と「癒やされる女」がいるそうです。意中の彼や付き合っている恋人には「癒やされるなぁ」と思われたいですよね。

そこで、彼女にしたいと思われる「癒やされる女」と彼女にしたくない「疲れる女」の違いから、癒やされる女になる方法を学びましょう。

1. やっぱり大切な“性格”

疲れる女:ネガティブなことが多い

ネガティブな性格だと、男性は一緒にいて疲れてしまいます。例えば、他人の悪口を言う。日常の愚痴ばかり言う。「どうせ」「だって」「でも」などの否定的な口癖。「私なんか」と卑下する。「私のことが好き?」と不安で彼の愛情を何度も確かめたり…など。

好きでネガティブなのではなく、劣等感があったり自信がなかったりして、ついマイナスな言葉や考えにつながってしまうのではないでしょうか。とはいえ、ネガティブな気持ちに巻き込まれた彼も鬱々とした気持ちになってしまうのは切ないことです。

癒やされる女:ポジティブでいることが多い

癒やされる女性は基本的にポジティブです。トラブルに直面してもくじけず解決策を考え、他人の欠点よりも長所を見つけて褒めることができ、恋愛でも「好きだよ」と素直に愛情を伝えられる…というように。

日常の小さなことでも幸せを感じて、前向きに生きているのでしょう。そんなポジティブな女性と一緒にいると自分も前向きになれると、男性は惹かれるのかもしれませんね。

2. 目に付きやすい“表情”

疲れる女:不満顔が多いのかも

「なんか嫌なことあった?」「俺と一緒にいてもつまんない?」と言われたことがある方は気をつけて。不満だと思われてしまうような表情が癖になっているのかもしれません。

Photo by Pete Bellis / Unsplash

口がへの字になっていたり、よくため息を吐いたしまっていたり、デート中なのにスマホばかり見ていたり…これでは不満だと思われてしまっても仕方がありません。彼の気分を下げることにつながることもあるので、癖ならば直しましょう。

記事に関するお問い合わせ