無料の会員登録をすると
お気に入りができます

“疲れる女”と“癒やされる女”の違いって?知っておきたい2つのタイプ11つ

男性からすると一緒にいて「疲れる女」と「癒やされる女」がいるようです。そこで、2つのタイプの女性の違いを徹底解説します。

2018年6月
恋愛・結婚

男性にとって私はどんな女性?

“疲れる女”より“癒やされる女”になりたいの

男性からすると一緒にいて「疲れる女」と「癒やされる女」がいるそうです。意中の彼や付き合っている恋人には「癒やされるなぁ」と思われたいですよね。

そこで、彼女にしたいと思われる「癒やされる女」と彼女にしたくない「疲れる女」の違いから、癒やされる女になる方法を学びましょう。

1. やっぱり大切な“性格”

疲れる女:ネガティブなことが多い

ネガティブな性格だと、男性は一緒にいて疲れてしまいます。例えば、他人の悪口を言う。日常の愚痴ばかり言う。「どうせ」「だって」「でも」などの否定的な口癖。「私なんか」と卑下する。「私のことが好き?」と不安で彼の愛情を何度も確かめたり…など。

好きでネガティブなのではなく、劣等感があったり自信がなかったりして、ついマイナスな言葉や考えにつながってしまうのではないでしょうか。とはいえ、ネガティブな気持ちに巻き込まれた彼も鬱々とした気持ちになってしまうのは切ないことです。

癒やされる女:ポジティブでいることが多い

癒やされる女性は基本的にポジティブです。トラブルに直面してもくじけず解決策を考え、他人の欠点よりも長所を見つけて褒めることができ、恋愛でも「好きだよ」と素直に愛情を伝えられる…というように。

日常の小さなことでも幸せを感じて、前向きに生きているのでしょう。そんなポジティブな女性と一緒にいると自分も前向きになれると、男性は惹かれるのかもしれませんね。

2. 目に付きやすい“表情”

疲れる女:不満顔が多いのかも

「なんか嫌なことあった?」「俺と一緒にいてもつまんない?」と言われたことがある方は気をつけて。不満だと思われてしまうような表情が癖になっているのかもしれません。

Photo by Pete Bellis / Unsplash

口がへの字になっていたり、よくため息を吐いたしまっていたり、デート中なのにスマホばかり見ていたり…これでは不満だと思われてしまっても仕方がありません。彼の気分を下げることにつながることもあるので、癖ならば直しましょう。

癒やされる女:笑顔なことが多い

笑顔は楽しい・幸せという気持ちの表れです。笑顔なら一緒にいて喜びを感じてくれている証なので、男性は女性が笑顔でいてくれることが何よりうれしくほっとします。

物事をポジティブに考えられる人というのは、表情も明るく朗らかです。口角を上げて、目尻を下げて、にっこり微笑んで。笑顔でいることを癖にして、彼も笑顔にしましょう。

3. 心の内の“感情”

疲れる女:感情的で怒ることも多いかも

感情の浮き沈みが激しく、短気ですぐに怒ったり泣いたり機嫌が悪くなったり…。感情表現が豊かと言えば聞こえは良いですが、一緒にいる男性としては気を遣っていないといけないので疲れてしまいます。

人として感情的になるのは当たり前のことです。しかし、彼を感情のはけ口にしたり、怒りや不満をぶつけるのは違います。それは相手を傷つけることにもつながってしまうので、気をつけましょう。

癒やされる女:感情が安定していて素直

感情をコントロールできていて、精神的に安定している女性だと安心感があります。ただし、人間は感情があるのが当たり前で、彼に対して怒りや不満を感じることもあるでしょう。そんなときには気持ちを上手に伝えましょう。

「どうして怒りや不満を感じたかという理由」と「だから自分はとても悲しい・寂しい気持ちになった」ことを、端的に冷静にときに感情を見せて伝えると男性も理解し、気持ちに寄り添ってくれます。感情は相手への伝え方次第で受け取られ方も大きく変わるのです。

4. 意外と大切な“行動力”

疲れる女:受け身なことが多い

デートの行き先、何を食べるか、など…彼に任せてしまうことが多くなっていませんか?たしかにリードしてくれる男性は素敵ですが、全ての決定権を与えられた側は、精神的な負担も大きくなってしまいます。

Photo by Cayton Heath / Unsplash

そんな方は自分の意見に自信が持てないのではないでしょうか。だからこそ、ついつい受け身になってしまうのかもしれません。ただ、それが相手の負担になっているかもしれないことも知っておきましょう。

癒やされる女:自分の意見も大切にする

男性がうれしいのは、女性からも意見を言い、自分の意見も聞いてくれることです。恋愛において二人の関係を良くしていきたいという意思を持って行動するのは両者に必要なこと。

自分の意見を持っている女性というのは、自信と芯があり、強さを持っていることが多いです。強さと癒やしは真逆のように感じられるかもしれませんが、実は男性が居心地の良さを感じるために“強さ”も大切。

自信があれば、対等に意見も言い合えて男性としては気を遣いすぎずラクです。芯の強さを持っていることで、相手の意見と相違があってもブレずに、相手の意見を聞き入れる柔軟さを兼ね備えることもできます。

5. 自分と他人への“評価”

疲れる女:他人を意識しすぎる

誰かと話したり接するときに、無意識に相手と自分を比べてしまってはいませんか?あまりにも自分と相手を比べることが多くなってしまうと、男性としてもいい気持ちがしません。

Photo by Demetrius Washington / Unsplash

自分に自信を持つことで、相手と比べることも少なくなります。他人の評価を落とすことでしか自分が優位に立てず、足を引っ張ろうとしています。他人に打ち勝とうという意志が強すぎる女性を魅力的だと思う男性は多くないでしょう。

癒やされる女:他人の良さを認める

癒やされる女性は他人の良さを見つけ、才能を認め、称えることができます。他人と自分は別だという意識を持っているからです。頑張りを認めてくれる女性というのは、男性の自尊心も満たしてくれるので好まれます。

他人の良さを認められる人は自分に自信があり、心に余裕があります。立場の上下なんてどうでもよく、どんな人でも尊敬する気持ちがあるので、それが態度として表れるのです。そういう人は男女問わず好まれるでしょう。

6. 人生の“ペース”

疲れる女:焦燥感を抱くことが多い

いつも忙しそうでせかせかしている女性だと、一緒にいる男性としては自分まで焦らされているような気持ちになってしまいます。

癒やされる女:ほどよくマイペース

デキる女性は周りに合わせることはできても、必要がないなら競争はしません。「自分は自分」とマイペースでいられる余裕があります。男性としても焦る必要がなく、自分のペースでいられる女性に居心地の良さを感じるでしょう。

7. “言葉”の伝え方

疲れる女:気持ちは言わなくてもわかるよね

彼に対して「私の気持ちは言わなくてもわかるよね」と思ってはいませんか?たしかに恋人同士なら気持ちが通じ合っている部分もありますが、他人なので言わなければわからないこともたくさんあります。

Photo by Yuris Alhumaydy / Unsplash

言葉にしないことの度が過ぎると“察してちゃん”になってしまいます。例えば、怒ったときに「怒らせているんだから原因ぐらい自分で考えてよ!」と黙り込んだり…。

Photo by Maranatha Pizarras / Unsplash

気持ちは理解できますが、男性としてはどうしたらいいのかわからず困惑してしまうだけですよね。察することを求めすぎると、あなたの真意が伝わらなくなってしまいますよ。

癒やされる女:想いや感謝をきちんと伝える

気持ちというのは言葉にしなければ伝わりません。当たり前のことこそ言葉にすることで実感できるのです。例えば“挨拶”を丁寧にできる女性は礼儀正しいと好感を持たれます。

いつも“感謝”する心を持っていれば「ありがとう」が口癖になり、周りにも感謝が溢れます。「好きだよ」「愛してるよ」と“愛情”を口にすれば相手は幸せな気持ちになれます。癒やされる女性は当たり前と思うことでもきちんと言葉を伝えて周りを幸せにできるのです。

8. 相手への“接し方”

疲れる女:自分が中心なことも多い

彼が忙しくて会えないときも「浮気してるんじゃないの?」と彼を責めたり、「寂しくさせてるのはそっちなんだから会いに来て!」とわがままを言ったり…彼を振り回していませんか?

Photo by Seth Doyle / Unsplash

わがままを言うことで愛情を試しているのかもしれません。しかし、自己中心的に男性を振り回していると、それに耐えられず離れていく男性も少なくはないです。

癒やされる女:相手を思いやる

彼が忙しくて会えないときは「大変だと思うけど体に気をつけて頑張ってね」と彼を労り応援し、「会えなくて寂しいけど私も頑張るね」と気持ちを伝えつつも彼への配慮は忘れない。

同じ状況でも、疲れる女と癒やされる女とでは相手への接し方が違います。その違いは、癒やされる女性には相手を思いやる気持ちがあること。その思いやりが相手にも伝わるからこそ、一緒にいて癒やされる存在となるのです。

9. 恋人との“距離感”

疲れる女:束縛が激しい

四六時中彼のことを考えている人は、依存心が“束縛”という行動に表れてしまっているかもしれません。メールや電話を強制したり、行動を制限したり、彼を縛っていませんか?

常に相手を求めて縛ってばかりいると、男性から「重い」と感じられ、離れられてしまうかもしれませんよ。

癒やされる女:包容力があって心が広い

癒やされる女性というのは、自分のルールで縛らず、相手のあるがままを受け入れます。否定することなく相手を受け入れてくれる姿勢には、包み込むような優しさがあるのです。

男性としては自然体でいられて、甘えたくもなります。男性はそんな女性を求めるようになるでしょう。

10. コミュニケーションになる“会話”

疲れる女:自分の話ばかりする

どんな状況でも自分の話ばかりしていませんか?脈絡なく延々と話したり、相手が「こうなんじゃない?」と言っても自分の意見に固執してしまったり...。

一方通行の会話は聞く側からすれば負担と思うことも多いはずです。相手のことを思って、会話をすることが大切です。

癒やされる女:聞き上手で会話を楽しむ

男性も話したいことがたくさんあります。そんなとき、聞き上手な女性がいると、自分の思いを話せてスッキリとし、気持ちに共感してくれてうれしくなるものです。

会話では相手に興味を持ち、話を真剣に聞き、素直に思ったことを伝えましょう。それが会話のキャッチボールです。聞き上手な女性は男性にとって癒やされる存在なのです。

11. “デート”での過ごし方

疲れる女:特別感を求める

彼が高級レストランやホテルを予約してくれたり、デートのたびにプレゼントを用意してくれたり、なかなか取れないチケットを手に入れてくれたり…なんて特別扱いしてくれるとうれしいですよね。

しかし、特別扱いしてくれることを恋愛のバロメーターだと思ってしまうのにはご注意を。彼に求めるハードルが高くなってしまうと、ただデートするだけでは満足できなくなり、より彼への要望が大きくなってしまいます。

最初は好きな彼女に喜んでもらえるために頑張っていた男性も、段々と無理をするようになると彼女の存在が負担になってしまいます。常に背伸びしなければならない女性と過ごすのは疲れてしまうでしょう。

癒やされる女:ただ一緒にいたい

本当に癒やされる女性というのは、ただ一緒に過ごすだけでも居心地の良さを感じます。会話せず沈黙さえも苦ではないと、男性としてはラクです。

どうせなら好きな人には格好いい姿を見せたいものですが、そうでない部分もあるのが人間です。その姿も受け入れてくれて、自然体でいられる女性と一緒にいたいと思うのでしょう。

「一緒にいたい」と望まれる女性に

一緒にいて疲れる女というのは自分のことばかり考える女性で、癒やされる女というのは相手のことを思いやれる女性です。相手のことを思い、二人の幸せを考えられるような女性になりませんか?

記事に関するお問い合わせ