無料の会員登録をすると
お気に入りができます

美髪への近道!あなたの髪質にぴったりのヘアブラシをご提案します♡

何となく髪に良さそうという理由で、適当にヘアブラシを選んでいませんか?美髪に近づくには、髪質に合ったブラシを使うことが必須条件なんです。

2018年6月
美容

ヘアブラシで美髪に!

もっと綺麗な髪になりたいと思ったら、毎日使うヘアブラシを見直してみることが必要です。髪質に合ったものでブラッシングやブローをすれば、髪のコンディションが変わってきますよ。

正しいブローでツヤツヤに

まず最初に、ブローのやり方をおさらいしておきましょう。濡れた髪は傷みやすいので、シャンプー後は80%ほど乾かしてからブラシを使ってくださいね。

0:59~のようにブロッキングしてから、ドライヤーを毛の流れに沿ってブラシと一緒に動かしていきます。ドライヤーを横向きにするのではなく下に向けると、キューティクルが整ってツヤが出ますよ。

定期的なブラシのお手入れもマスト!

どんなに質の良いヘアブラシでも、抜け毛や埃が溜まっていたら髪の毛が汚れてしまいます。定期的にブラシを洗って、綺麗な状態をキープしておきましょう。

ペンなど先が細いものを間に入れて、汚れを引っ張り上げます。絡まっている毛が長い場合は、ハサミで切ってくださいね。ある程度取り除いたらぬるま湯とシャンプーを混ぜた液体に浸し、歯ブラシで擦ります。

髪質別♡おすすめヘアブラシ

髪が細い、ボリュームがない

細くてペタッとなりやすい髪は、クッションブラシで根元を起こすようにブローしてみてください。髪が細いと切れやすいので、刺激が少ない天然毛の方が良いでしょう。

シャトリクッション猪毛(大)

大阪ブラシ

¥ 5,250

豚毛よりも硬い猪毛は、ブラッシングをしながら頭皮に刺激を与えてくれるのが特徴です。頭皮の血行が促進されると、髪が健康になりますよ。

商品詳細
シャトリクッション猪毛(大)
www.e-obc.co.jp
商品詳細

くせ毛で髪がうねっている

ブラシは天然毛の方が良いと思われがちですが、くせ毛を伸ばしたいときはナイロンの方がおすすめです。しっかり引っ張ってブローすれば、うねった髪が綺麗なストレートになりますよ。

特にくせが強い場合は、必ずシャンプー後すぐにドライヤーで乾かすようにしましょう。くせを伸ばさずに自然乾燥させてしまうと、後からブローでストレートにするのは難しいんです。

艶髪-ADEKAMI-パドルブラシ

貝印

¥ 1,944

天然毛とナイロンがミックスされた、使いやすいサイズのブラシ。髪を傷めることなく、綺麗なストレートにしてくれます。

商品詳細
艶髪-ADEKAMI-パドルブラシ
www.kai-group.com
商品詳細

太くて硬く、癖がつきにくい

太くて硬い髪をストレートにしたいときは、クッション性が高いナイロン製のパドルブラシを使ってみてください。頭皮にやさしく、髪を引っ張りながらブローしても負担がかかりにくいのが特徴です。

ふんわりした内巻きにするにはロールブラシがベストですが、中でもセラミックコーティングのものが硬い髪には効果的です。ドライヤーの熱がブラシに伝わり、ヘアアイロンのようにカールが長持ちしますよ。

デンマンブラシ DCR シリーズ

トリコ インダストリーズ

髪をツヤツヤにしながらスタイリングもできる、セラミック製のコーティングブラシ。猪毛が使われているので、髪への刺激は少なめです。

商品詳細
デンマンブラシ DCR シリーズ
www.amazon.co.jp
商品詳細

傷んでいて絡まりやすい

髪が絡まっているときは、まずは目の粗いコームや指でほぐしておきましょう。台座がゴム製のデンマンブラシなら静電気が起きにくく、さらに切れ毛や枝毛が増えることを防いでくれますよ。

デンマンブラシ D4ライト

トリコ インダストリーズ

ベーシックなデンマンブラシを軽量化したのが、こちらのライトシリーズです。ブローに時間をかけても、腕が疲れにくくなりそうですね。

商品詳細
デンマンブラシ D4ライト
www.amazon.co.jp
商品詳細

ブラッシングでツヤ髪に♡

髪の質や状態に合うヘアブラシを毎日使えば、今よりもっと綺麗なツヤ髪になれますよ。ぜひこの機会に、あなたの髪にぴったり合うヘアブラシを探してみてはいかがでしょうか?

記事に関するお問い合わせ