無料の会員登録をすると
お気に入りができます

整理のプロが教える「物が多いから減らしたい」と考える前にまずやるべきこととは?

インテリア

8歳6歳のお母さん、
収納アドバイザーでサンキュ!STYLEライターのayaです。

物を減らしてスッキリ暮らすことに憧れます。
しかし、自分以外の誰かと一緒に暮らす場合は要注意です。たとえ家族共有の物でも減らしすぎると
「ないない!」騒ぎが起きてしまうこともあり、
やりすぎちゃったな(笑)なんてことにもなります。

もちろん、一緒に住む人の物を勝手に処分したら喧嘩になってしまいます。

減らしても困らない物は各家庭で変わってくるものです。
「物が多いから減らしたい」と考える前に、
「その家に必要なものは何か」を見極めることが大事です。

ハサミ

玄関収納の扉裏に一つ。荷解き用。

家事作業において、やたらと出番の多いのは
ハサミです。

郵便物の荷解きにハサミ。
繕い物にハサミ。
お手紙の返信にハサミ。
マスキングテープにハサミ。
キッチンでもハサミ。
子どもの工作にもハサミ。

物を減らしたい場合でも、ハサミのように家族皆がよく使う代表選手は、それぞれのデスクにひとつずつ置いたり、使う場所それぞれに置くことをおすすめします。

ハンガー

衣類を畳むことを好む方もいらっしゃいますが、畳むという作業が苦手な方も多いはずです。
畳む手間を省くには、ハンガーで干し、ハンガーのまま掛けて仕舞う方法がベストです。しかし、その為には服の量プラスアルファの量のハンガーを所有する必要があります。

使っていないハンガーを収納する場所も必要になりますが、畳まないということは、家事にかかる負担と時間は大幅に軽減されますし、何より衣類にしわが付かずメリットになります。

我が家では迷わずハンガーを増やす選択をしました。

まな板

まな板は収納しやすいアイテム。

まな板は一枚でも料理は出来ます。
しかし、効率、衛生面を考慮すると、重ねて収納できて場所も取りませんから、複数枚持つ方が家事効率は良いと思います。

参考までに我が家では、

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ