無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「自分の時間」を諦めないで!充実した日々を送るための5か条

ライフスタイル
www.pexels.com

スマホにコントロールされ依存してしまうのではなく、程々に付き合い、距離を置くことが大事です。もちろん、アプリゲームやSNSが息抜きやストレス発散になるのも事実。意識的に時間を定めて使うことで時間の無駄遣いを防げます。

②「ながら」作業を取り入れる

同時に2つ以上の事をやると、それぞれの集中力が欠け結果的にマイナスになる。そんなデメリットもありますが、ここで言う「ながら」作業は家事の同時進行についでです。

例えば、洗濯機のスイッチを入れて洗濯物を回している間に、朝ご飯の準備をすることです。主婦の方にとっては当たり前の事も多いですよね。

家事を時短化する

晩御飯を作る際に翌日分も兼ねて、あえて多めに作ったり、野菜を切るついでに翌日分もカットしておく。そうしたちょっとした「ながら」作業が積み重なると、時間に余裕が持てるようになります。電子レンジ調理や時短レシピなども活用しましょう。

www.pexels.com

動線を考え「ついで」作業しよう

決まったルーティンが苦手な方にお薦めなのが、「ついで」作業です。例えば、トイレに行ったついでに、同じタイミングでトイレ掃除も済ませてしまいます。入念な掃除でなくても、便座の裏をサッとひと拭きするだけで構いません。

www.pexels.com

靴を履いたついでに玄関掃除。洗濯物をベランダから取り込んだらそのままクローゼットへ片付ける…など、自分に合ったやり方を色々試してみるのも面白そうですね。

③やるべきことはリスト化する

仕事や家事などやるべき事をすべて頭の中で管理するなんて無謀なこと。やることリストをすべて書き出し、視覚化することが大事です。

www.pexels.com

紙に書き出し、シミュレーションする

タスク管理は大→小と細分化していくことがコツです。例えば「洋服の断捨離→サイズアウトした子供服を分け、フリマアプリに出品する」などです。そして、タスクをいつ実行するのかスケジュールの中に落とし込んでいきます。

バレットジャーナルの活用術&手帳イラストの見本帳

バレットジャーナルの基本の書き方から、暮らしを記録するカスタマイズ方法をご紹介いたします。絵心ある手書きイラストも添えると、手帳を書くことが楽しくなってきますよ。
5714

予定を立てたら、常に先をシミュレーションしておきましょう。朝起きたらまずは手帳を開いて、1日の流れを把握。仕事帰りの電車の中で、夕飯メニューや家事の段取り。夜寝る前には、翌日のスケジュールに目を通しておきます。

記事に関するお問い合わせ