無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「自分の時間」を諦めないで!充実した日々を送るための5か条

ライフスタイル
Photo by Matt Ragland / Unsplash

タスク管理を徹底し、頭の中に次の行動をイメージしておけば、考えたり迷ったりする時間のロスが減ります。何となくダラダラしてしまう無駄な時間が省けそうですね。

④スキマ時間を活用する

「忙しい!時間がない!」と言っても、5~10分のスキマ時間は1日の中にたくさんあります。電車の待ち時間や通勤中、家事の合間など、意外と見つかるものです。

たった10分のスキマ時間でも、3回あれば30分、6回あれば1時間にもなります。一気に時間が作れない場合は、これらのスキマ時間を細切れで活用すると◎。

資格勉強や読書で自分磨き

www.pexels.com

スキマ時間を勉強や読書に充てるのもお薦めです。資格勉強で1時間続けて暗記するより、10分間ずつ6回繰り返す方が効率的だからです。読書もスキマ時間だとたった数ページで終わりますが、何度も繰り返すことで習慣付いてきます。

⑤早起きを習慣付ける

1日で最も集中力が高まると言われる朝。トップクラスのCEOや成功者たちも朝活を実践していることで知られていますね。本当に自分にやりたいことがあるのなら、早起きして時間を作ってみてはいかがでしょうか。

www.pexels.com

慣れないうちは早起きは辛いものですが、一度習慣付いてしまうと驚くほど簡単に時間が確保できます。早めに就寝して翌朝10分でも早く起きることから始めてみてください。10分から30分と徐々に時間を延ばし、1時間前に起きられるようになれば、十分な自分時間になりますね。

朝が苦手なら夜型でもOK

どうしても朝が苦手な夜型の方もいますよね。1日が終わり、寝る前に自分時間を確保するのもいいでしょう。1日の疲れが溜まっているので、資格勉強などは避け、好きな趣味に没頭してリラックスする時間に充ててみてくださいね。

時間管理術で「自分時間」は作れる!

バタバタした毎日でも、ちょっとした時間管理術を心掛ければ意外と時間は作れるもの。時間がないから、と諦めていたことにもチャレンジできるはずです。100%完璧なんて目指さなくていいんです。出来ることから始めてみてくださいね!

記事に関するお問い合わせ