無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「自分の時間」を諦めないで!充実した日々を送るための5か条

1日24時間という限られた時間を、いかに有効に使えるか。毎日をストレスフリーの充実した日々にするための5つの秘策をご紹介します。

2018年6月
ライフスタイル

1日24時間じゃ足りません!?

Photo by Jaelynn Castillo / Unsplash

仕事や家事、育児に追われて、毎日があっという間に過ぎ去ってしまう...やりたいことに没頭できる自分時間が欲しい、そう思ったことはありませんか?バタバタと時間に追われる生活が続くと身体は疲れ、イライラして心も乱れてしまいますよね。

時間を制する者が、人生を制する!

時間だけは神様が平等に与えて下さった。
本田宗一郎

ホンダの創業者・本田宗一郎の言葉です。この「平等に与えられた時間」をいかに有効に使うか、これをうまく利用した人が世の中の成功者だと彼は言っています。

Photo by Georgia de Lotz / Unsplash
何かしたいことがあるなら、その時間を作ればいいじゃない?
ローラ

モデルのローラの言葉です。彼女はあの多忙な日々の中、毎朝2時間の英語レッスンを日課にしていたそうです。ハリウッドでの女優デビューという夢を叶えた努力家ですね。

www.pexels.com

彼らのように「時間に追われるのではなく、時間を制する」ことが大切です。時間をうまくコントロールすることで、毎日の暮らしがグッと楽になる5つの秘訣をご紹介いたします。

①スマホにコントロールされない

肌身離さず持っているスマホ。本来は連絡を取るために必要な物だけど、気付けばSNSやアプリゲームばかり触っていませんか? ちょっとした隙間時間など無意識に費やしているその時間は本当にあなたにとって必要でしょうか?

www.pexels.com

使用時間を決めて厳守する

ダラダラとネットサーフィンすることも、時間の無駄です。何か調べたい事や見たいものがあるのなら、あらかじめスマホを使う時間を決めましょう。制限時間をタイマーセットするのもいいかもしれません。

www.pexels.com

通知をオフにする

メッセージも急用以外は今すぐ返信する必要はないのです。頻繁に通知があるSNSやアプリゲーム、自分には関係のないやり取りが多いグループラインなども通知オフにします。音やバナーはオフにして、バッジだけ付けておけば後でまとめて確認できます。

www.pexels.com

スマホにコントロールされ依存してしまうのではなく、程々に付き合い、距離を置くことが大事です。もちろん、アプリゲームやSNSが息抜きやストレス発散になるのも事実。意識的に時間を定めて使うことで時間の無駄遣いを防げます。

②「ながら」作業を取り入れる

同時に2つ以上の事をやると、それぞれの集中力が欠け結果的にマイナスになる。そんなデメリットもありますが、ここで言う「ながら」作業は家事の同時進行についでです。

例えば、洗濯機のスイッチを入れて洗濯物を回している間に、朝ご飯の準備をすることです。主婦の方にとっては当たり前の事も多いですよね。

家事を時短化する

晩御飯を作る際に翌日分も兼ねて、あえて多めに作ったり、野菜を切るついでに翌日分もカットしておく。そうしたちょっとした「ながら」作業が積み重なると、時間に余裕が持てるようになります。電子レンジ調理や時短レシピなども活用しましょう。

www.pexels.com

動線を考え「ついで」作業しよう

決まったルーティンが苦手な方にお薦めなのが、「ついで」作業です。例えば、トイレに行ったついでに、同じタイミングでトイレ掃除も済ませてしまいます。入念な掃除でなくても、便座の裏をサッとひと拭きするだけで構いません。

www.pexels.com

靴を履いたついでに玄関掃除。洗濯物をベランダから取り込んだらそのままクローゼットへ片付ける…など、自分に合ったやり方を色々試してみるのも面白そうですね。

③やるべきことはリスト化する

仕事や家事などやるべき事をすべて頭の中で管理するなんて無謀なこと。やることリストをすべて書き出し、視覚化することが大事です。

www.pexels.com

紙に書き出し、シミュレーションする

タスク管理は大→小と細分化していくことがコツです。例えば「洋服の断捨離→サイズアウトした子供服を分け、フリマアプリに出品する」などです。そして、タスクをいつ実行するのかスケジュールの中に落とし込んでいきます。

バレットジャーナルの活用術&手帳イラストの見本帳

バレットジャーナルの基本の書き方から、暮らしを記録するカスタマイズ方法をご紹介いたします。絵心ある手書きイラストも添えると、手帳を書くことが楽しくなってきますよ。
5412

予定を立てたら、常に先をシミュレーションしておきましょう。朝起きたらまずは手帳を開いて、1日の流れを把握。仕事帰りの電車の中で、夕飯メニューや家事の段取り。夜寝る前には、翌日のスケジュールに目を通しておきます。

Photo by Matt Ragland / Unsplash

タスク管理を徹底し、頭の中に次の行動をイメージしておけば、考えたり迷ったりする時間のロスが減ります。何となくダラダラしてしまう無駄な時間が省けそうですね。

④スキマ時間を活用する

「忙しい!時間がない!」と言っても、5~10分のスキマ時間は1日の中にたくさんあります。電車の待ち時間や通勤中、家事の合間など、意外と見つかるものです。

たった10分のスキマ時間でも、3回あれば30分、6回あれば1時間にもなります。一気に時間が作れない場合は、これらのスキマ時間を細切れで活用すると◎。

資格勉強や読書で自分磨き

www.pexels.com

スキマ時間を勉強や読書に充てるのもお薦めです。資格勉強で1時間続けて暗記するより、10分間ずつ6回繰り返す方が効率的だからです。読書もスキマ時間だとたった数ページで終わりますが、何度も繰り返すことで習慣付いてきます。

⑤早起きを習慣付ける

1日で最も集中力が高まると言われる朝。トップクラスのCEOや成功者たちも朝活を実践していることで知られていますね。本当に自分にやりたいことがあるのなら、早起きして時間を作ってみてはいかがでしょうか。

www.pexels.com

慣れないうちは早起きは辛いものですが、一度習慣付いてしまうと驚くほど簡単に時間が確保できます。早めに就寝して翌朝10分でも早く起きることから始めてみてください。10分から30分と徐々に時間を延ばし、1時間前に起きられるようになれば、十分な自分時間になりますね。

朝が苦手なら夜型でもOK

どうしても朝が苦手な夜型の方もいますよね。1日が終わり、寝る前に自分時間を確保するのもいいでしょう。1日の疲れが溜まっているので、資格勉強などは避け、好きな趣味に没頭してリラックスする時間に充ててみてくださいね。

時間管理術で「自分時間」は作れる!

バタバタした毎日でも、ちょっとした時間管理術を心掛ければ意外と時間は作れるもの。時間がないから、と諦めていたことにもチャレンジできるはずです。100%完璧なんて目指さなくていいんです。出来ることから始めてみてくださいね!

記事に関するお問い合わせ