無料の会員登録をすると
お気に入りができます

実は二度寝って身体に悪い!?悪い二度寝を良い二度寝にする方法

休日になるとついつい二度寝をしたくなりますよね。しかし、二度寝の仕方によっては身体に悪影響が出ることをご存じでしょうか?そんな「二度寝」について学びましょう。

ライフスタイル

二度寝が身体に悪い?

どうしたら二度寝をせずに済むのかしら

休日になるとついついしてしまう二度寝。一度起きたけど時間に余裕があるからたっぷり眠ろう…なんて幸せな休日ですよね。

しかし、二度寝も方法によっては身体に悪影響が出てしまうこともあるのです。また、二度寝をすると折角の休日の時間が半減、というのももったいないですよね。そこで悪い二度寝と良い二度寝について詳しく解説します。

どうして二度寝は気持ちいい?

夢うつつな心地になれる

人は深い眠りに就くと、音や光といった外界の刺激をシャットアウトできます。それが浅い眠りになると、外界の刺激を少し感じます。二度寝でも布団の柔らかさや日光の温かさを少しだけ感じられることが、心地いい感覚となるようです。

また、夢を見るのも浅い眠りのときです。二度寝をすると、浅い眠りに入っていくので夢の続きを見ることができます。二度寝は外界をソフトに感じて、ぼんやり夢を見てまさに夢うつつで心地良くなれるのです。

エンドルフィンで幸福感を得られる

二度寝をすると、エンドルフィンというホルモンが分泌されます。エンドルフィンは脳内麻薬とも言われていて、気分が高揚したり幸福感を得られる作用があるとされています。

エンドルフィンは性行為やおいしいものを食べたときにも分泌されます。三大欲求が満たされたときに得られる心地よさを、二度寝でも感じられるということですね。

コルチゾールでストレス解消

コルチゾールは抗ストレスホルモンと言われていて、ストレスを和らげてくれます。深い眠りによって分泌が抑制されて、目覚める1~2時間に分泌が盛んになり、起床前後でピークに。

二度寝をすることによってコルチゾールの分泌が続きます。そのためストレスが和らぎ、心地良さを得られるのです。

このように二度寝にはメリットもあるようです。しかし、悪影響もあります。それを知るために、まずはどうして二度寝をしてしまうのか、原因から探っていきましょう。

記事に関するお問い合わせ