無料の会員登録をすると
お気に入りができます

たった5分の簡単ヨガ♡「太陽礼拝のポーズ」で全身引き締め

ヨガの太陽礼拝のポーズは、全身を使う気持ちいいポーズがぎっしり詰まっています。呼吸に合わせて基本の12ポーズを行なうことで、筋肉もほぐれ、体も引き締まる♡動画と写真で分かりやすく、太陽礼拝のやり方をご紹介!

2018年6月
美容

活力を与えて、すっきり全身引き締め

ひとつひとつのポーズを呼吸に合わせて行う太陽礼拝は、一日のウォーミングアップとしても最適。ヨガ初心者の方でも行いやすく、体を伸ばし、脳を目覚めさせ、体中に活力を与えてくれます。

今回は、時を刻むように12ポーズで完成される、ヨガの基本ともいえる太陽礼拝をお届けいたします。12ポーズを呼吸に合わせて行っていくと、約1分で終えることができます。

呼吸と動作を合わせることで、ひとつひとつの呼吸が深くなり、気持ちが落ち着きます。集中力もアップしますよ。

5セット行う頃には、全身の筋肉がしなやかにほぐれます。太陽礼拝を続けることで新陳代謝も上がり、すっきり全身も引き締まるなどいいこと尽くめなんです!

気持ちよく体を引き締める太陽礼拝

1. Salutation Seal 合掌のムドラー

両手を胸の前で合わせて合掌のポーズを行います。頭上から一本の糸で引っ張られているようなイメージで、背筋を伸ばしましょう。

2. Upward Salute 上向きの礼拝

息をゆっくりと吸いながら両手を上げ、肩の力は抜いて、目線を斜め上にあげます。

3. Deep Forward Fold 深い前屈のポーズ

脱力して息を吐き切り、足先と指先の方向を合わせて手を床につきます。胸と膝がくっつくようにし、目線は後方へ向けましょう。

4. Standing Half Forward Bend 半分の立位前屈

息を吸い、指先を立てて、背筋と膝を伸ばします。目線は前方へ向けましょう。

5. Plank Pose 板のポーズ

息を吐きながら手を肩幅に広げて床につけ、片足ずつうしろへ、腰幅に広げます。息を吸いながらお腹を引きつつ、おしりをしめて一枚の板をイメージし、目線は下へ向けましょう。

6. Four-Limbed Staff Pose 四肢で支える杖のポーズ

息を吐きながら肘を曲げ、腕はなるべく直角にします。

7. Upward Facing Dog Pose 上向きの犬のポーズ

息を吸いながら、上体を前に滑らせるように上へ肘を伸ばして、後ろへ反らします。足裏を上にし、胸を上に向けるようにしましょう。

8. Downward Facing Dog Pose 下向きの顔の犬のポーズ

息を吐きながらつま先を前方へ向け、おしりを高く上へ突きだします。後方に重心をかけるようにしましょう。

9. Standing Half Forward Bend 半分の立位前屈

息を吸いながら、手の位置に足を片足ずつ持ってきて、半前屈をします。

10. Deep Forward Fold 深い前屈のポーズ

息を吐きながら、肘を曲げて床に手のひらをつき、胸と膝をつけるようにします。

11. Upward Salute 上向きの礼拝

息を吸いながらお腹をへこませつつ、両手を合わせて上にあげます。

12. Mountain Pose 山のポーズ

息を吐きながら、両手を胸の前へ。これで1回目の太陽礼拝を終えました。目をつむり、現在の体の状態を感じてみましょう。1セット約1分、目安として5セット行います。

動画でおさらい

instagram.com

ヨガインストラクター@sakiさんの分かりやすい動画で、太陽礼拝のポーズをおさらいしてみましょう。

終えた後の爽快感、体の違いを実感して

12ポーズを行うことで、徐々に体の伸びていき、筋肉がほぐれます。終えた時には気分も晴れやかになり、爽快感を感じられます!1日の始まりに太陽礼拝を行って、心身コンディションの違いを実感してみては?

記事に関するお問い合わせ