無料の会員登録をすると
お気に入りができます

おしゃれに見えて、とにかく簡単! オイルまで残さず味わえる魚介のアヒージョ5選

レシピ

オイルとにんにくで魚介類などを煮込むアヒージョ。スペインを代表する小皿料理の1つで、日本でも大人気ですよね。今回は、オイルまで残さず味わえる魚介のアヒージョ5選をご紹介。味も見た目もばっちりでパーティーやおもてなしに最適なので、ぜひ作ってみてくださいね。

シーフードとミニトマトのアヒージョ

【材料・2人分】

冷凍シーフードミックス 150g、ミニトマト 8個、にんにくの薄切り 1/2片分、赤とうがらし 1/2本、パセリ 1/2枝、塩、オリーブ油

【作り方】

1. 冷凍シーフードミックスはざるに入れ、熱湯をかけて表面の「グレーズ」を取り除く。ミニトマトは竹串などで穴を数カ所あけておく。

2. 直火にかけられる耐熱皿に1、にんにく、とうがらしを入れて塩小さじ1/4をふり、オリーブ油1/3~1/4カップを注ぐ。弱めの中火にかけ、時々混ぜながら3~4分煮る。食べる直前にパセリの葉をちぎって加える。

(1人分357Kcal、塩分1.0g)

ミニトマトの赤とパセリの緑が色鮮やかで、目にも美しい1品。冷凍のシーフードミックスを使うので、面倒な下ごしらえも必要ありません。耐熱皿に具材を入れて煮るだけで、簡単にでき上がりますよ。

いかの半生アヒージョ

使用する「生いかの酒まぶし」は、冷蔵庫で約3日保存できます。やわらかいいかの食感を楽しんで。

えびとマッシュルームのアヒージョ

にんにくは加熱し過ぎないよう要注意。焦げて苦みが出てしまうので、うすく色づいたら他の食材を加えてくださいね。

かきのレモンじょうゆアヒージョ

しょうゆを入れて、ほんのり和風の味わいに仕上げます。レモンのさわやかな香りがたまりません。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ