無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「俳優とは付き合うな」鬼才アルベール・セラが女子に忠告するワケは?

エンタメ

普段、観たい映画を選ぶとき、出演する俳優やストーリーを基準にしているという人が多いと思いますが、ときには監督に興味を持ってから入るというのもオススメ。そこで今回ご紹介するのは、ついに日本で劇場初公開をはたしたこちらの方……。

そういう状況には自然と憎しみが湧いてきて、それと戦いたいと思うことが、僕の原動力でありエネルギー。人々はいまのメディアによって目をくもらされてしまっているから、その目を開かせなければいけないとも感じるし、そういう意味でも、芸術や作家主義の映画を擁護することはとても重要なことなんだと思っているよ。

それでは最後に、これから観る方に向けてメッセージをお願いします!

監督 『ルイ14世の死』は僕の作品のなかでも、動員数という点でもっとも成功を収めた作品なので、日本の観客にとっては私を知ってもらういい導入になるんじゃないかな。顔の表情だけで、複雑な感動を伝えることができる素晴らしい俳優の神秘的な演技も見れるし、僕の周りでは、この映画を観て好きでないと言った人はいないので、みなさんもきっと好きになってくれると思っているよ。

僕は他人に対して絶対的な信頼を寄せることをしない人間なので、友人であっても、自分と趣味の合う人であっても、彼らの好みに対してはいつも警戒心を持っていて、つねに自分の目で判断するようにしているんだ。だから、観客のみなさんにもぜひご自分の目でどう思うかを判断してもらいたいね。

セラ監督しか描けなかった視点を共有する!

ルイ14世のことを知っている人も知らない人も、死にゆく王のリアルな姿に、ひきこまれてしまうはず。どこを切り取っても絵画のような美しさのある映像とともに、セラ監督の世界観にどっぷりと浸ってみては?

心をかき乱す予告編はこちら!

作品情報

『ルイ14世の死』
シアター・イメージフォーラム、6月2日(土)より第七藝術劇場ほか全国順次公開中
配給:ムヴィオラ
Copyright ©CAPRICCI FILMS,ROSA FILMES,ANDERCRAUN FILMS,BOBI LUX 2016

http://www.moviola.jp/louis14/
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ