無料の会員登録をすると
お気に入りができます

朝はスッキリ目を覚ましたい!寝坊を防ぐための19の方法

予定していた時間をすっかり寝過ごしてしまった!なんて経験がある方は、もう二度と失敗はしたくありませんよね。そこで寝坊をせずスッキリ目覚めるための方法をご紹介します。

2018年6月
ライフスタイル

さらに、寝ている間は唾液量が減って口の衛生環境が悪くなっているので、歯磨きをして清潔にするのにも役立ちます。

⑮40度以上のシャワーを浴びる

朝風呂・朝シャワー派の方は温度に注目。40度以上の熱めのお湯にすることで、交感神経を優位にして脳や体を活動モードにすることができます。

逆にぬるめのお湯は副交感神経を優位にして、体を休息モードにしてさらに眠くなってしまうので気をつけましょう。

⑯アラームを遠くに置く

ベッドから手が届く場所にアラームがあると、止めてから二度寝をしてしまいます。遠くにあれば身体を起こして止めに行くので、自然と目も覚めるのです。目覚まし時計やアラームはベッドから遠くに置きましょう。

目覚まし時計・アラームの工夫

⑰アラームのスマホをパジャマのポケットへ

スマホのアラームを使って起きているという方は、スマホをパジャマのポケットに入れるのもありです。バイブレーションの振動で体がびっくりして目を覚まします。同じ理由で枕の上に置くのも◎。

⑱「自分の名前」を呼ぶアラームをかける

寝ているときにも自分の名前を呼びかけられると、無意識に反応してしまうのでアラームとして活用するのもありです。これはカクテルパーティー効果を応用したもの。

カクテルパーティー効果とは、がやがやとした状況でも自分の名前や自分に関連すること、自分が関心を持っているものは聞き分けられるというというものです。

声を録音できる目覚まし時計もあるので、自分の名前を呼びかける声を録音してはいかがでしょうか。

目覚まし時計 伝言くんルージュW

CITIZEN

¥ 4,526

声を録音できる目覚まし時計です。電子音やメロディにすることもできます。

商品詳細
目覚まし時計 伝言くんルージュW
www.amazon.co.jp
商品詳細
記事に関するお問い合わせ