無料の会員登録をすると
お気に入りができます

教えて、家事えもんこと松橋周太呂さん! 読者の家事の悩みに答えてもらいました

掃除や洗濯、料理など、日々家事をしていると多かれ少なかれ出てくるお悩み。今回はおうちごはん読者から募集した家事のお悩みに、家事えもんこと松橋周太呂さんに一問一答形式で答えていただきました。読者のリアルな悩みに、松橋さんの独創的なアイデアが爆発します。

おうちごはん編集部

レシピ

教えて、松橋周太呂さん!

日本テレビ「得する人損する人」の得損ヒーローズとして活躍中の“家事えもん”こと松橋周太呂さん。テレビ番組や様々な様々なアイデアで、主婦の生活の悩みを解決しています。

編集部として、おうちごはん読者の抱える家事の悩みを松橋さんに解決してもらいたい……!!
ということで、おうちごはん読者に事前にアンケートを行い、集まった様々なお悩みや質問の中からいくつかピックアップして、松橋さんに答えてもらいました。

家事のお悩み Q&A

天ぷらや唐揚げをはじめとした揚げ物をサクっとした状態に仕上げるのは難しいですよね……。ですが家事名人の松橋さん、天ぷらと唐揚げをサクッと揚げる方法を教えてくださいました。

「天ぷらをサクッと揚げる方法はたくさんあります。たとえば、衣用の粉類を溶く水を炭酸水に変えてみたり、粉類にマヨネーズを入れてみたりするとか」と松橋さん。

粉類にマヨネーズを入れちゃうの?と思われた方もいるかと思いますが、そこにも理由がありました。

「マヨネーズの中の油が、粉の中に全体に入り込んで、気泡をたくさん作ってくれるのでサクサクとした衣になります。おすすめの割合は小麦粉50gに対して、水75ml、マヨネーズ大さじ1です。意外と天ぷらにマヨネーズの味も残らないのでおいしくいただけますよ」とのこと。

また、唐揚げのサクッと揚げる方法も教えてくださいました。

「唐揚げはサクッと仕上げるなら二度揚げがおすすめです。まず低温の油で揚げて取り出し、次に高めの温度の油で揚げれば、サクッとした仕上がりになります」。

なかなかサクッとした食感に仕上げるのが難しい唐揚げも、特別な材料や道具を使わずとも工夫次第でおいしくなるんですね。

私もおうちでごはんを作り始めた時に悩んだのは味付け。なかなか味が決まらなくて、色々しているうちに取り返しがつかないことになったことが多々ありました(笑)。

「料理の味を決めるおすすめの方法はありますか?」と松橋さんに聞いてみたところ
「醤油やケチャップなど味がしっかりつく調味料を、味付けの最終段階で入れると味がうまく決まりますよ」と答えてくださいました。

また、「顆粒だしや鶏ガラスープのもとは、最初から塩味がついています。なので、顆粒だしや鶏ガラスープのもとのみを入れた状態で味わってみて、醤油や塩で少しずつ味を調整していけば、大きな失敗しません」とのワンポイントアドバイスも。

味付けにお困りのみなさん、ぜひ試してみてくださいね。

恋する女性なら知りたいのが、男性にウケる味付け! もちろん、最初から気になる男性の好きな味付けにできればいいのですが、それを知っていれば苦労しません。
松橋さん、どんな男性にもウケるような味付けってありますか?

「白だしをベースに味付けをするといいですよ。白だしで味付けをすれば、幼少期から和食を食べている日本の男性なら好みの味付けになると思います。あと、白だしとオイルを組み合わせるのもおすすめです。たとえば、中華風にするなら白だしとごま油、イタリアン風ならオリーブオイルを加えたり……味にバリエーションをつけることができるので、マンネリ化防止にもなります」と松橋さん。

また、白だしをベースに味付けをすれば、突飛な味になりづらいので味付けの失敗も減らすことができるんだとか。あまり料理に自信がない人でも、男性に褒められるごはんを作れるテクニック、覚えておきたいです。

クタクタに疲れておうちに帰ってきたときに、お腹が空いていても、ごはんを作る気が出ませんよね……。そんなときでも作れる、簡単で、おいしい料理を作る方法はあるのでしょうか?

「沖縄風そば(インタビュー記事前編でも登場)を作ってみてください。
どんぶりに、顆粒だし小さじ1/2、鶏ガラススープのもと小さじ1/2に、みりんを少々加えて、うどん1玉と300mlのお湯を加えればできますよ。あと、お湯を沸かしている間に、豚バラを醤油とみりん、砂糖と耐熱皿にいれて、電子レンジで加熱すれば、チャーシュー風のトッピングもできます」と簡単レシピを紹介。これはおいしそうです!

さらに、もう一品時短レシピを紹介してくださいました。その名も「ハンバーグふりかけ」。

「ひき肉に、ケチャップと中濃ソース、醤油を加えて混ぜ合わせて、それを耐熱ボールの側面に広げて電子レンジで加熱すると、ハンバーグふりかけが作れます。
これだけでも、ハンバーグを食べたような食べ応えがありますが、目玉焼きを加えてロコモコ風、ラー油を加えたら麻婆豆腐風にアレンジもできます」。

材料も少なく、時短で食べごたえもあるもレシピなので、一人暮らしの方や受験生の夜食としても重宝しそうですね。

前記事から様々なレシピや調味料の合わせ技をご紹介していただいた松橋さん。そんな松橋さんが重宝している調味料の黄金比も聞いてみました。

「"白だし1:水3.5"だと、飲めるような味の濃さになるので、色々な料理に使えます。あと、先ほど紹介した"顆粒だし1:鶏ガラスープの素1"。そこにみりん少々加えれば、本格的な沖縄そば風のスープになるので、こちらもおすすめです」とのこと。

教えていただいたものは、様々な料理に使えたりアレンジの幅を広げることができる調味料の黄金比。最近おうちのごはんの味付けがマンネリ化しているなと感じる方は試してみる価値ありですよ。

家にあるもので手軽にあの味に!松橋周太呂さんの簡単おいしい15分レシピ | おうちごはん https://ouchi-gohan.jp/1632/

ついついキッチン掃除をさぼってしまって、力強くこすってもとれなくなってしまったキッチンの汚れ、ありませんか? そんな汚れも、ある道具を使うと簡単にとることができるんだとか。

「コンロの焦げやサビ、シンクの汚れも全て同じ汚れ。ですので、汚れた部分にスポンジを使わずに、クレンザー(もしくは重曹)と食器用洗剤を1:1の割合で混ぜて、ゴム手袋で直接磨くときれいになります。スポンジの場合、スポンジの中に研磨剤が入るので、なかなか汚れを削れませんが、ゴム手袋だと隙間がなく直接作用するので磨きやすく、すぐきれいになりますよ」

また、ゴム手袋を使うと両手を使えるので時短でかつ、網や、蛇口の付け根、コンロの五徳もストレスフリーで洗うことができるそうです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ