無料の会員登録をすると
お気に入りができます

服のしつこい臭いを撃退!「酸素系漂白剤」の浸け置きが良いってウワサ

ライフスタイル

服のニオイには「酸素系漂白剤」

洗濯しても臭うときに使いたい

洗濯したはずの服やタオルがなぜか臭う…なんて経験はありませんか?それは服に雑菌が残ってしまっているから。洗剤では落としきれないニオイの原因菌があるのです。

そんなときに役立つのが「酸素系漂白剤」。浸け置きすることでイヤなニオイが取れるのだとか。そこで酸素系漂白剤の使い方や、ニオイ除去におすすめの商品をご紹介します。

「酸素系漂白剤」でニオイが取れるワケ

除菌&抗菌でニオイの原因を除去できる

酸素系漂白剤は除菌や殺菌の効果があります。そのため、部屋干しの嫌なニオイのもととなる雑菌を除去できるのです。塩素系漂白剤だと服が色落ちしてしまうので、衣料に使うなら酸素系漂白剤がおすすめです。

「酸素系漂白剤」の浸け置き法

ニオイが気になる洗濯物は、酸素系漂白剤を入れた40度のお湯に15~20分ほど浸け置きしましょう。あとはいつものように洗濯をするだけでニオイがスッキリ。洗濯機の中で浸け置きすると、そのまま洗濯できてラクですよ。

ニオイに強い「酸素系漂白剤」4選

①ワイドハイター EXパワー

ニオイの元からディープクレンジングしてくれる液体の酸素系漂白剤です。洗剤だけでは落ちない蓄積臭を強力分解します。繰り返し洗濯することで抗菌性を発揮。抗菌成分で洗濯中の菌移りを防ぐので、まとめ洗いもできます。

より洗浄力が高いのが「粉末タイプ」。汗染み・黄ばみ・黒ずみ・食べこぼし汚れなど洗剤だけでは落ちない汚れも落とせます。諦めていた汚れも浸け置きでスッキリ。

ニオイ防止を重視したいなら液体、落ちない汚れもまとめて落としたいなら粉末がおすすめです。

記事に関するお問い合わせ