無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[2/8〜2/14の運勢]2月2週目の運勢はどうなる?SUGARさんが贈る12星座占いをチェック!

占い

余分な水滴を落とす「水切籠」のサッパリとした語感は、そこに過剰な感傷や自己憐憫は持ち込むまいとする作者の潔さも感じられるのでは。あなたのテーマもまた、移りゆく時代にあわせてかつて押しつけられた「当たり前」を潔く刷新していくことがテーマとなっていくでしょう。

続きはこちらから

今週のうお座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

無学な聖人たれ

今週のうお座は、「叡智」の訪れを招いていこうとするような星回り。

日本独自の無教会主義を唱えたキリスト教思想家・内村鑑三の『代表的日本人』は、明治時代にまず英語で出版され、そこでは西郷隆盛ら5人の生涯が取り上げられるのですが、中でも同じ教育者として内村が深く敬愛したのが江戸時代初期の儒学者・中江藤樹でした。

「“学者”とは、徳によって与えられる名であって、学識によるのではない。学識は学才であって、生まれつきその才能をもつ人が、学者になることは困難ではない。しかし、いかに学識に秀でていても、徳を欠くなら学者ではない。学識があるだけではただの人である。無学の人でも徳を具えた人は、ただの人ではない。学識はないが学者である。」

中江藤樹は情報ないし知識を得ることと、叡智に出会うことはまったく違うことなのだと強調している訳ですが、後者の核は「与えられるもの、訪れるもの」としての「徳」であり、その根源こそ内村が取り上げた5人のなかで脈々と息づいてきた、彼らを越えた存在としての「天」でした。今週のあなたもまた、無学者の精神に立ち返って叡智を仰ぐべし。

続きはこちらから

占い師さんに今年の運勢を占ってもらえる♩

今週の運勢と、自分の星座の性格占いはどうでしたか?

文章だけではなくて「占い師さんに直接占ってもらいたい!」「私の話を聞いてほしい」という人は、LINEで気軽に使える「LINEトーク占い」でやりとりしてみてはいかがでしょうか。

凄腕の占い師さんや、あなたにぴったりの占い師さんに、初回10分は無料で占ってもらえます♩

友だちには話づらいお悩み、ちょっと背中を押してほしい時などにぜひ!

さっそく10分無料で占ってもらう
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ