無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お風呂の床掃除はラクしよう!月1回○○洗いして放置するだけでスッキリ!

お掃除

家族が気持ちよく暮らせる家づくりに励む専業主婦、サンキュ!STYLEライターいつきです。

毎日みんなが使うお風呂。
床には黒ずみ、赤カビ、ヌメリ、せっけんカス…さまざまな汚れが存在しています。
面積もあるので、ただひたすらにゴシゴシと磨くのも疲れますよね。

そんなお風呂の床は、月に1回つけ置き洗いをするとスッキリします!

今回はわたしが月イチでやっている、簡単な床掃除方法をご紹介いたします。
(お使いの設備により異なりますので、取扱説明書をよく読んでください)

ドラッグストアやスーパーで手に入る、コレ!

シャボン玉せっけんの過炭酸ナトリウム・酸素系漂白剤を使用します。
成分が「過炭酸ナトリウム」のものはさまざまなメーカーから出ているので、お店によってはたくさん種類があるかもしれません。
よく聞く「オキシクリーン」などもほとんど同じです。
しかし「オキシクリーン」は界面活性剤が入っているものもあり(界面活性剤の効果で泡立ちます)、環境に優しいものを選びたい人は「過炭酸ナトリウム」を選んだほうがよいでしょう。
「過炭酸ナトリウム」は漂白・消臭効果・除菌の効果があり、塩素系のようなツンとしたニオイがないので非常に使いやすいのですが、手袋をして使用してください。

簡単!月イチつけ置き洗いの仕方

わが家のお風呂は、リクシルのアライズというシリーズです。
排水口のヘアキャッチャー(網目状のもの)は左に回すと外れるので、ヘアキャッチャーを外してポリ袋に入れて、右へ回しロックします。
これで水が排水口に流れていくのを止めることができるので、床にお湯をはることができます。
袋の口は結ばずにそのままにしておきます。

過炭酸ナトリウムを100gほどパラパラと床に振りかけます。

粉末を溶かすように、30度から50度のお湯でシャワーをかけます。
お湯が溢れないように注意をし、1時間ほどつけ置きをしておきます。

床も排水口もピカピカに!

ほかの家事をしていると、すぐに1時間経ってしまいました。
ヘアキャッチャーのポリ袋を外し、溜めていたお湯を流します。
排水口に過炭酸ナトリウムのお湯が勢いよく流れていくので、排水口の見えない奥もスッキリしているような気がします。
あとはシャワーをかけながら軽く床をブラシで磨き、洗い残しのないようにします。
黒ずみや赤カビ、ヌメリ、せっけんカス、いろんな汚れが落ちて綺麗になっているのが実感できると思います。

清潔な空間になると、清々しい気持ちになります。
環境にも優しくツンとしたニオイもない、過炭酸ナトリウムでお風呂の床掃除よろしければお試しください!

Amazonで詳細を見る
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ