無料の会員登録をすると
お気に入りができます

夏レシピに取り入れるべし♡ ヘルシー美女の元「スーパーフード」8選

梅雨を通り越して夏が来たのでは?と勘違いするほど、暑い日が続いていますね。暑いと食欲もなくなってバテてしまいがち。そこで今回は、夏を乗り切るためヘルシー美女に欠かせないスーパーフードとおすすめレシピをご紹介します!

2018年6月
美容

今年こそは夏バテ回避したい…!

もうすぐやってくる暑い夏。夏になると食欲が減って夏バテになるという方も多いのでは?また、強い日差しやクーラーがかかった冷え冷えのオフィスに長時間いるのも、夏バテを引き起こす原因です。

「今年の夏はバテないようにしたい!」という方におすすめなのが、食べやすくて栄養価の高いスーパーフードです。今回は、数あるスーパーフードの中でも夏に一押しの食材リストをご紹介したいと思います。

そもそもスーパーフードって?

最近では一般的なスーパーでもよく見かけるスーパーフードですが、幻の食材と認定されるものだけでなく、日本国内で昔から親しまれている食材も多く存在します。

スーパーフードは、栄養バランスに優れていることに加え、一般的な食品より栄養価が高い食品のことを指します。位置づけとしては、一般的な食品とサプリメントの中間にくるようなものと考えて良いでしょう。

つまり、スーパーフードは天然のサプリメントとも言いかえられるので、錠剤が苦手という方は栄養価がギュッと凝縮された天然の食材をそのまま食品としてとるスーパーフードがまさにおすすめなんです。

夏バテ予防!スーパーフードリスト

1. モリンガ

モリンガとは、北インド地方を原産とするワサビノキ科の植物で、その栄養価の高さから別名「ミラクルツリー(奇跡の木)」とも呼ばれています。今、世界で最も注目を浴びているスーパーフードの一つ。

人間にとって大切なビタミンやミネラル、アミノ酸など50種類以上も含まれており、その栄養価は可食植物の研究者たちが世界一と称賛するほど。特に、エイジングケア効果があるポリフェノールは赤ワインの8倍ともいわれています。

また、モリンガには不純物を吸着して除去する作用があることから、デトックスにも効果が期待できます。強力な浄化作用で体内の悪いものを排出して身体の中からキレイにするので、夏にもピッタリですね。

モリンガと豆腐の白玉ポンデケージョ

cookpad.com

モリンガの苦みとチーズのコクが絶妙にマッチした、おつまみやおやつにピッタリの一品です。白玉粉と豆腐を混ぜて作ることで、モチモチとした食感のポンデケージョに仕上がっています。コロンとした見た目もかわいいですね。

詳しいレシピへ

2. ココナッツウォーター

夏は暑いので水分を多く摂りがちで、むくみにもなりやすい季節。そんな時に大活躍してくれるのが、ココナッツウォーターです。カリウムを多く含むことから体の余分な老廃物をどんどん流してくれるデトックス効果が期待できます。

また、体内に近い電解質で吸収されやすい特徴があることから、「天然のスポーツ飲料」とも言われるほど。むくみが気になるけど水分はあんまり摂りたくないという方は、水代わりにココナッツウォーターを取り入れてみて。

贅沢ラズベリーのシンプルスムージー

cookpad.com

冷凍ラズベリーをふんだんに使用した贅沢スムージーです。蜂蜜の代わりにコンデンスミスクを使用するとより一層まろやかな仕上がりに。甘酸っぱいラズベリーが爽やかで食後のデザートにもおすすめです。

詳しいレシピへ

3. スピルリナ

スピルリナは藻類の一種で、優れた栄養成分を含むことから「スーパーフードの王様」とも呼ばれています。たったスプーン1杯とるだけで、1日の緑黄色野菜の必要量を摂ることができるのだとか。

夏だけでなく普段から栄養バランスが偏りがちな方は、モリンガと同様、ベースサプリメントとして毎日摂取したいスーパーフードです。藻類だけに若干青のりのような風味があるので、香りが強い料理に混ぜるなど工夫が必要です。

チョコミントアイスキャンディー

recipe.rakuten.co.jp

スピルリナを入れると、まさにチョコミントの色合いに。シャリシャリとした食感とスッキリとした風味が病みつきになりそう。夏になったら冷凍庫に必ずストックしておきたい一品です。

詳しいレシピへ

4. ウコン

二日酔い予防で有名なウコンですが、実はそれ以外に女性にうれしい効果がたっぷり含まれています。ポリフェノール成分の一つ「クルクミン」が豊富で、冷えを予防する効果があるといわれています。

エアコンや季節の変わり目の気温低下により冷えなど、女性にとっては冬だけでなく夏の冷え問題はかなり深刻!さらに、代謝アップ効果もあるので、ダイエット中の方にもおすすめのスーパーフードです。

クリーミーなカレーうどん

recipe.rakuten.co.jp

牛乳が入ったまろやかでお腹にも優しいカレーうどん。夏野菜や厚揚げがたっぷり入っているので、ボリューム満点です。夏の冷えた体にもピッタリですし、お夜食にもおすすめです。

詳しいレシピへ

5. アサイー

いまやメジャーとなったスーパーフード、アサイー。直径1cmほどのとても小さい実のほとんどが種で、食べられるところは約5%ほどしかないのだそう。見た目はブルーベリーと似ていますが、ベリー科ではなくヤシ科の植物です。

奇跡のフルーツとも呼ばれ、鉄分はレバーの3倍、ポリフェノールはワインの30倍といったの高い栄養価と抗酸化作用を兼ね備えています。また、アサイーを摂ると血流が良くなる研究結果も出ているのだそう。

アサイーあま酒

cookpad.com

栄養たっぷりで体にいいと評判の甘酒とアサイーは、時間のない時の朝食にピッタリ。お砂糖は一切使用せず、コウジのやさしい甘みが特徴です。濃厚な飲みごたえで、お腹を満たしてくれます。

詳しいレシピへ

7. チアシード

スーパーフードの代表格でもあるチアシードも、最近では取り扱うお店が増えてきました。ビタミンやミネラルはもちろん、食物繊維も豊富でGI値も低いのでダイエットの人にもおすすめな食材です。

ただし、他のスーパーフードに比べカロリーが高めなので、1日大さじ1,2杯程度が適量です。チアシードは水を含ませてから食べるので、食べたい前日に冷蔵庫などで一晩寝かしておくことをおすすめします。

チアシード&もずくのネバネバ・サラダ

oceans-nadia.com

血液をサラサラにしてくれる食材をたっぷり使った一品料理です。水分を含んだチアシードともずく、長芋との相性は抜群!ヨーグルトやスムージーなどにチアシードを入れるのに飽きた方は、ぜひ作ってみてくださいね。

詳しいレシピへ

8. キヌア

見た目の割にさっぱり味で、色んな料理に取り入れられる魅力的なスーパーフードです。キヌアは精白米と比べてタンパク質は2倍、食物繊維は8倍、カルシウムが10倍の高い栄養価を誇り、NASAでは21世紀の主用食と呼ばれているほど。

アク抜きをする手間がかかりますが、一度作り置きしておけばサラダにサッとふりかけたり白米と一緒に炊いて混ぜて食べられるなど、手軽に取り入れられるので便利です。プチプチとした食感があるので、料理のアクセント使いにも。

キヌアの彩りエスニックサラダ

oceans-nadia.com

キヌアに彩り野菜を刻んで混ぜただけの簡単サラダです。野菜の食感とキヌアのプチプチが楽しめて主食にもおすすめです。パクチーや紫玉ねぎ、ナンプラーでエスニック風に仕上げてみて。

詳しいレシピへ

毎日の食生活にさり気なく取り入れよう!

キレイをキープするには無理せず継続することが大切です。今回ご紹介したスーパーフードの中でも、身近に手に入る食材や自分が気になるものから上手に取り入れて、毎日を充実させてくださいね。

記事に関するお問い合わせ