無料の会員登録をすると
お気に入りができます

外出先でもササっと簡単!ポーチに忍ばせたい「鉄板お直しアイテム」5選

「お化粧直しアイテムを持ちすぎて荷物がかさばってしまう…」と悩んでいませんか?今回は、そんな女性たちに向けてポーチに入れておきたい“鉄板お直しアイテム”を厳選して紹介したいと思います!

2018年8月
メイク

夏はどうしてもメイクが崩れちゃう…

「朝、崩れないようにちゃんとメイクしたのに昼頃になると顔がテカテカ…」なんてお悩みを抱えていませんか?また、ファンデがよれたりアイメイクが滲んで下まぶたについてしまったりなど、夏のメイクの悩みは尽きないもの。

自分なりにメイクが崩れないよう試行錯誤している方がほとんどだと思いますが、メイクが崩れてしまうのはきちんと「原因」があります。今回は、メイクが崩れる理由と正しいメイク直しの方法とおすすめアイテムをご紹介したいと思います。

メイクってどうして崩れるの?

顔の皮脂を取りすぎていませんか?

テカるのが嫌という理由から、朝の洗顔を徹底的にやってキレイさっぱりにしてからメイクをする、また日中に皮脂が気になったらすぐあぶらとり紙で皮脂をとる、など過剰なスキンケアをしていませんか?

顔に必要な皮脂まで取り除いてしまっては、お肌の大敵でもある乾燥を招いてしまうことに。アンバランスな皮脂の分泌こそが、化粧崩れの原因でもあるんです。乾燥を防ぐためにも、保湿ケアは怠らないようにしましょう。

スキンケアは適量を守って

夏場のスキンケアはベタつくのが苦手という理由から、使用量を少なくして使っている方も多いのでは?これでは潤いが不足してしまって乾燥しやすくなり、化粧崩れを引き起こす原因にもなってしまいます。

逆に、使用量が多すぎるのもNGです。化粧品がお肌にきちんとなじまず、その後に使う化粧下地やファンデーションと混ざってしまい化粧崩れにつながる場合も。スキンケアの際は、それぞれのアイテムの目安量を守るようにしましょう。

スキンケア後はしっかりハンドプレス!

化粧水や美容液などをしっかりとお肌になじませるには、コットンだけでなく手でしっかりハンドプレスすることも大切です。なじむ前に急いでベースメイクをしてしまうと、お肌に密着せずメイクがよれやすくなってしまいます。

きっちりハンドプレスをしても、なかなかヌルつきやベタつきが取れないという場合は軽くティッシュオフしてから、メイクをすると良いでしょう。

ポーチに忍ばせたい!お直しコスメ♡

1. イプサ/コントロールパウダー

メイク仕立ての透明感あるお肌にしてくれる化粧直し専用のプレストパウダーです。化粧崩れしたお肌に光の乱反射が加わって、毛穴を一瞬で消し去ってくれます。「午後になるとお肌がどうしてもくすみがち…」という方におすすめ。

記事に関するお問い合わせ