無料の会員登録をすると
お気に入りができます

クーラー冷えにさよなら!覚えておきたい紅茶の基本の淹れ方講座

レシピ

4.紅茶をカップに注ぐ

Jony Nguyen / FOAP / GettyImages

蒸らし終わったら、茶こしを使ってティーカップに注ぎます。複数の場合はカップに均等の濃さになるように注ぎ分けます。最後の一滴まで注ぐことで紅茶の旨味を逃しません。これで美味しい紅茶の出来上がりです。

温かい紅茶で夏を乗り切って

夏は冷たいものをどうしても食べたり飲んだりしがちですよね。そうすると内臓もお疲れ気味に。そんなとき温かい紅茶は、内臓の動きを元気にしてくれて冷えた身体を中から温めてくれます。

petrunjela / GettyImages

紅茶の淹れ方はお湯の温度と茶葉の量、そして蒸らし時間を守れば何も難しいことはありません。夏の暑さで疲れたときこそ、お気に入りの茶器と茶葉でゆったりとした紅茶の時間を持ってくださいね。

記事に関するお問い合わせ