無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「2回目のデートはないな」と思われてしまう女性の特徴15選

初めてデートした男性から2回目のお誘いを楽しみに待っていたのに、2回目のデートに誘われなかった…なんて経験がある女性はいませんか?男性に「2回目のデートはないな」と思われてしまった理由を解説します。

恋愛・結婚

2回目のデートに誘われません…

男性が「ないな」と思うのには理由がある

新しく出会った男性とデートをしても、2回目のお誘いがなかなかない…そんな経験がある女性も多いのではないでしょうか。男性に「2回目のデートはないな」と思われてしまうのには、性格や態度、行動に理由が隠されているかもしれません。

そこで、2回目のデートに誘われない女性にはどのような特徴があるのか解説します。

“性格”がにじみ出ていたのかも?

①受け身すぎる

1回目のデートで全て男性にリードしてもらって、「どこでもいいよ」「なんでもいいよ」と常に受け身だったのでは?相手に合わせるという気遣いだったのかもしれません。しかし、受け身すぎると男性からは「脈がないのかな」と思われて、2回目のデートに誘われません。

また、全ての決定権を男性に委ねると、相手の負担も大きくなります。女性の気持ちを汲み取ろうと、常にあれこれ考えなければならないのですから大変ですよね。受け身な方はどちらかの意見を優先するのではなく、二人で一緒に考えるように思考を転換しましょう。

そのためにはお互いの意見が必要ですよね。なので「こうしたいな」という要望も伝えやすくなるはずです。もちろん相手の意見も聞いて。女性がデートに積極的に取り組んでくれていると、男性としてもうれしいものなのです。

②否定しすぎる

彼の意見について、つい否定していませんでしたか?「俺〇〇が好きなんだよね」「えっ、私無理」とか、「これ食べてみたら?」「えー…やだ」とか。

自分の意見を主張しているだけかもしれませんが、否定する言葉は相手の心に突き刺さります。そのためまずは相手に興味を示すこと。そうすれば自分が苦手だったり嫌いだったりしてもキツイ態度にはならないでしょう。

③恋愛に対して奔放

恋愛に対して開けっぴろげな性格で、初デートでその姿を見せてしまったのかも。「ここ〇〇さんと来たな」と他の男性の存在を匂わせたり、過去の恋愛について洗いざらい話したり…。

Photo by Brooke Winters / Unsplash

恋愛に奔放すぎると男性は引いてしまいます。あまり恋愛について話しすぎず、質問されてもちょっとだけ曖昧に答えるようにしましょう。「もっと知りたい!」と思われた方が次のデートにもつながりますよ。

記事に関するお問い合わせ