無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「2回目のデートはないな」と思われてしまう女性の特徴15選

初めてデートした男性から2回目のお誘いを楽しみに待っていたのに、2回目のデートに誘われなかった…なんて経験がある女性はいませんか?男性に「2回目のデートはないな」と思われてしまった理由を解説します。

2018年6月
恋愛・結婚

2回目のデートに誘われません…

男性が「ないな」と思うのには理由がある

新しく出会った男性とデートをしても、2回目のお誘いがなかなかない…そんな経験がある女性も多いのではないでしょうか。男性に「2回目のデートはないな」と思われてしまうのには、性格や態度、行動に理由が隠されているかもしれません。

そこで、2回目のデートに誘われない女性にはどのような特徴があるのか解説します。

“性格”がにじみ出ていたのかも?

①受け身すぎる

1回目のデートで全て男性にリードしてもらって、「どこでもいいよ」「なんでもいいよ」と常に受け身だったのでは?相手に合わせるという気遣いだったのかもしれません。しかし、受け身すぎると男性からは「脈がないのかな」と思われて、2回目のデートに誘われません。

また、全ての決定権を男性に委ねると、相手の負担も大きくなります。女性の気持ちを汲み取ろうと、常にあれこれ考えなければならないのですから大変ですよね。受け身な方はどちらかの意見を優先するのではなく、二人で一緒に考えるように思考を転換しましょう。

そのためにはお互いの意見が必要ですよね。なので「こうしたいな」という要望も伝えやすくなるはずです。もちろん相手の意見も聞いて。女性がデートに積極的に取り組んでくれていると、男性としてもうれしいものなのです。

②否定しすぎる

彼の意見について、つい否定していませんでしたか?「俺〇〇が好きなんだよね」「えっ、私無理」とか、「これ食べてみたら?」「えー…やだ」とか。

自分の意見を主張しているだけかもしれませんが、否定する言葉は相手の心に突き刺さります。そのためまずは相手に興味を示すこと。そうすれば自分が苦手だったり嫌いだったりしてもキツイ態度にはならないでしょう。

③恋愛に対して奔放

恋愛に対して開けっぴろげな性格で、初デートでその姿を見せてしまったのかも。「ここ〇〇さんと来たな」と他の男性の存在を匂わせたり、過去の恋愛について洗いざらい話したり…。

Photo by Brooke Winters / Unsplash

恋愛に奔放すぎると男性は引いてしまいます。あまり恋愛について話しすぎず、質問されてもちょっとだけ曖昧に答えるようにしましょう。「もっと知りたい!」と思われた方が次のデートにもつながりますよ。

④恋愛観が凝り固まっている

「男ってこうだから」「女子はみんなこうしてほしいって思ってるよ」など恋愛観が凝り固まってはいないでしょうか。あまりにも決めつけてばかりいると、男性からは面倒だなと思われてしまうかもしれません。

「男だから」「女だから」という固定概念はなく、人それぞれ全く違います。恋愛の仕方も違うのです。過去の恋愛の経験も大切ですが、今一番大切なのは目の前にいる恋人になるかもしれない男性ですよね。

Photo by Joanna Nix / Unsplash

彼のことをもっと知りたい、もっと仲を深めたいと思って行動すれば、固定観念に当てはめる必要なんてなくなります。「恋愛はこうすべき」という考えを捨てれば、新しい恋愛観を知ることもできるはずです。

⑤過去の話ばかりする

あなたが話すことは過去の話が多いですか?未来の話が多いですか?過去の話ばかりする人は、なかなか前に進めていないのかもしれません。過去の幸せや哀しみに縛られていると、後ろ向きな発言にもつながってしまいます。デート中にネガティブな話ばかりだと、相手も困ってしまいます。

そんな人は意識的に未来の話をするようにしましょう。「あんな恋愛はしたくない」という過去の話なら、「次に恋愛するならこんな人がいいな」と未来の要望に変えて。未来の話は自然と前向きになるので、デートの相手とも楽しい話ができるはずです。

うっかり出ているかもしれない“態度”

⑥笑顔が少ない

デートで女性の笑顔が見られないと「楽しくないのかな」と男性は不安になり、次に誘っても良いという自信が得られません。そもそも笑顔が少ないタイプの女性なのかもしれませんし、緊張しているだけかもしれません。

それなら最初に伝えておきましょう。「怒ってないのに怒ってる?って言われちゃうタイプ」「緊張しててうまく笑えないかも」というように。そして楽しければ積極的に笑うように意識しましょう。

www.pexels.com

笑顔が苦手なら「すごく楽しいよ」「また来たいな」など楽しさを言葉で伝えると、男性も安心してくれます。

⑦「奢ってもらうのが当たり前」

お店で食事を終えたらすぐに店を出てしまう。財布を出すそぶりさえない。奢ったのにお礼の一言もない。こんな風に「奢ってもらって当たり前」な態度になっていませんか?

相手が上司やかなり年上の男性だとすると、支払おうとするのが逆に失礼になる場合もあります。しかし、奢ってもらったのだとしたら、感謝の気持ちを抱いてきちんと相手に伝えるのが人としてのマナー。お礼もないとモヤモヤする男性がいるのも頷けます。

最初のデートなので割り勘の可能性も考えましょう。そうすれば自然とお会計のときに財布も出しますよね。もし「いいよ、奢るよ」と言われたら「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えて。「次のお店は私が払うよ」なんて気遣いがあるとさらにスマートです。

⑧食事のマナーが悪い

食事するときは対面に座ることも多く、相手からよく見られています。だからこそ食事のマナーには気をつけて。食べ物が口にあるのにしゃべる、くちゃくちゃと咀嚼音が聞こえる、足を組むなど姿勢が悪い…こんな風に食事のマナーが悪いと男性は幻滅します。

傍から見て不快に感じる食事マナーではないか自分をチェック。悪癖があるなら今のうちから直しましょう。

⑨他人への接し方が横柄

気になっている男性に対しては優しく接していても、店員さんに対しての態度が横柄…なんていうように態度に違いが出るタイプではありませんか?男性はきちんと見ています。裏表が激しそうだと引いてしまう人もいるようです。

特定の人にだけ態度が厳しくなるのは、人の上下を判断しているから。つまり見下している人には態度がキツイのです。他人を見下している女性を彼女にしたいとは思いません。どんな人にも敬う気持ちを忘れずに謙虚にいれば、横柄な態度になんてならないですよ。

⑩挨拶・感謝がない

「おはよう」「いただきます」と挨拶したり、何かしてもらったらすぐに「ありがとう」と感謝したり。当たり前のことですが、当たり前すぎてしないことが癖になっている人もいます。

挨拶もできず感謝もしない女性とは一緒にいると心が荒んでしまうかも。当たり前のことだからこそ忘れずにできる女性になりましょう。

気をつけてほしい“行動”

⑪一方的に自分の話ばかりする

自分の話ばかりして相手の話にはあまり興味を示さない、と一方的に話してはいませんか?たしかにデートに誘う女性のことはもっと知りたいので、話してくれるのは男性にとってもうれしいことです。しかし、自分の話を聞いてくれない寂しさもあります。

それどころか「この人は自分さえ楽しければ良いんだな」とわがままに見られてしまうかも。今後関係を深めたいと思うなら、きちんと相手のことにも興味を持ちましょう。そうすれば話を聞きたくなり、会話につながります。

また、話しすぎない方が「もっと話を聞きたい」と思われるので2回目のデートにも誘われやすくなります。自分のことを語りすぎないようにするのもポイントです。

⑫身元調査のような質問ばかりする

恋人となるかもしれない男性について詳しく知りたいと思うのは理解できます。将来を考えるならなおさらでしょう。だからと言って身元調査のように男性を探る質問ばかりすると、相手は品定めされているみたいで良い気はしません。

政治、収入、身内の話を最初のデートでするのはNG。過去の恋愛や仕事についても触れられたくない人もいるので、話してみて反応が鈍かったらすぐに別の話題に切り替えましょう。

恋人やパートナーになれば深い話もできますが、相手はまだ付き合ってもない男性です。まずは相手を探るよりも、会話を楽しむなどデートそのものを楽しみましょう。

⑬スマホをいじる・電話をし始める

初デートの相手だと距離感がわからずに沈黙になってしまうこともありますよね。そんなときに気まずくなってスマホを見てしまっていませんか?この行動は相手からすると「一緒にいてつまらない」と言われているような気持ちになってしまいます。

一緒にいても楽しくなさそうな女性を2回目のデートに誘うはずもありませんよね。また、電話が来たから出るのもあまりおすすめしません。仕事なら相手に断ってから、プライベートなら後でかけ直すのがおすすめです。

⑭スキンシップを拒否してしまった

キスされそうになって、手をつなごうとされてびっくりして拒否してしまうこともあるでしょう。1回目のデートでまだ気持ちの準備ができていないのも理解できます。しかし、相手からすると「拒絶された」と感じるようです。

スキンシップの詰め方は人それぞれで、合ってないと今後も距離感で問題が出てくるかもしれません。あまりにも求められると軽んじられている印象も受けますしね。ですが断るときは、できるだけ相手を傷つけないように断るようにしましょう。

⑮デートが終わった後に何もしない

デートが終わった後にそのままで相手から2度目の誘いを待っている…この状態だと誘われないかもしれません。まずはデートの後に「今日はありがとう」「すごく楽しかったよ」とメールやLINEで伝えましょう。

感謝や気持ちを伝えてもらうと男性はうれしいですし、「楽しかったんだ」と認識できます。さらに「また楽しみにしてます」と伝えれば、次のデートを誘ってもらいやすくなるかも。

次のデートにつながりますように♡

自分の性格や態度、行動を見直してみると、相手の気持ちが萎えてしまった理由も思い当たるのではないでしょうか。自分でも振り返ってみて改善して、次のデートにつなげられますように。

記事に関するお問い合わせ