無料の会員登録をすると
お気に入りができます

結婚前にチェック!仕事と両立するために彼と相談すべきこと

恋愛・結婚

妊娠・出産を機に仕事をどうしたいのか、彼はどうしてほしいのかもお互いの要望を伝えておきましょう。職場でも産休・育休が取れるのか、時短勤務ができるのかなど、これからの働き方についても考えていく必要があります。

「転職」も一つの選択肢

結婚後のキャリアイメージによっては、今の仕事を続けるより別の仕事に転職した方が良いこともあるでしょう。例えば仕事量を調節しやすい仕事をしたいとか、産休・育休を取りやすい会社が良いとか。また将来を見据えてキャリアアップや収入アップを狙える会社に転職するとか。

Deagreez / GettyImages

もちろん女性側だけでなくて、男性側が転職するのもありです。家庭の時間を確保したいので、今より労働時間をセーブできる仕事に就くとか。

お互いの気持ちを共有し、一方の負担にならない仕事との両立を考えていきましょう。

家庭についての話し合い

家事の分担

家事の分担の仕方は各家庭で異なります。作業ごとに分けたり、曜日ごとに分けたり、得意分野で分けたり…など。どれが正解ということもないので、自分たちに合った方法を考えましょう。

nd3000 / GettyImages

また収入と家事量を比例させる方法よりも、労働時間で分担するのがベターです。仮に収入は男性が多くても、労働時間が女性の方が長かったら、女性側の家事負担が大きいと物理的に難しいですよね。

nd3000 / GettyImages

さらに相手が忙しいときや妊娠・出産時の家事と育児はどうするかなど、イレギュラーなときやライフイベントがあるときのことも考えておきましょう。

共働きカップルのストレスNO.1!「家事」を仲良く“シェア”するテクニック

夫婦や同棲カップルの生活の中で問題になることと言えば、“家事の分担”。自分ばかり負担が大きくて、不満に思ってしまう方も多いのではないでしょうか?そこで、仲良く家事分担する方法をご紹介します。
1903

お金の管理

お金の管理も各家庭によってさまざまです。生活費の配分は折半なのか、収入で比率を決めるのか。財布を一緒にするのか、分けるのか。貯金はどうするのか。生活費も合わせて額はどうするか。

DjelicS / GettyImages

お金に対する価値観が異なると擦り合わせていくのには苦労します。しかし、お金は生活に必要不可欠なので曖昧にしておくと後で大変な思いをするので避けては通れません。また、お金について隠し事をしないことも大切です。

予定やお金の管理を共有する

予定やお金について不透明だとトラブルになることがあります。彼に「明日から出張だから」と言われて、「いきなり言われても…」と困ると、「いや前に言ったよ」と口論になるなど。これでは言った言わないの水掛け論になってしまいますよね。

記事に関するお問い合わせ