無料の会員登録をすると
お気に入りができます

もう限界!育児の寝不足がママにもたらす影響と解消法とは?

子育て

家族に協力してもらう

子育ては、決してママひとりでするものではありません。産前産後でママの身体がつらい時期はもちろん、普段から家族に協力してもらうように心がけましょう。家事を手伝ってもらい赤ちゃんを見てもらえば、ママの心と身体の余裕へとつながります。

ホルモンバランスを整える食事にもひと工夫

眠りをもたらすホルモン「セロトニン」は、食品成分「トリプトファン」から生成されます。産後はセロトニンが減少してしまうため、食事にもひと工夫してみましょう。トリプトファンを含む食品は、かつお節や大豆、卵や豚肉などに含まれています。「寝不足が慢性化して、夜寝たくても眠れない」というときには、これらを朝食でとるのがおすすめです。

育児中の寝不足は周囲のサポートで解消

妊娠出産、さらに育児と、ママにとって子育てはとてもハードなもの。「寝不足でもう限界…」というときには、遠慮なく周囲にSOSを求めましょう。育児中はがんばりすぎず、「家事は100%できなくて当たり前」という心持ちでいることも大切。周囲のサポートを得ながら、笑顔で子育て期を乗り切っていきたいですね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ