無料の会員登録をすると
お気に入りができます

重曹を使ってぷりっぷり! 覚えておきたい「定番えびフライ」の作り方

レシピ

えびフライは、大人も子どもも大好きな洋食の定番メニュー。サクッとしたころもとぷりぷりしたえびの身が魅力ですが、調理工程で失敗をすると「身が硬くなってしまった」「ころもがベチャベチャ…」なんて事態に陥ってしまうことも。極上のえびフライを作るために、今回はポイントをしっかりおさらいしておきましょう。

ふっくらしたえびフライに欠かせないアイテムは2つ。「重曹」でえびの臭みをしっかり抜き、ころもに「合わせパン粉」を使って軽い歯触りを演出します。洋食屋さんのようなおいしいえびフライを食卓に並べて、家族を驚かせてみては?

えびフライ(1人分510Kcal、塩分2.2g)

【材料・2人分】

冷凍えび 6尾、キャベツのせん切り 3~4枚分、ミニトマト 4個、レモンのくし形切り 2切れ、重曹 小さじ1、タルタルソース(玉ねぎのみじん切り 大さじ1、ピクルスのみじん切り 大さじ3、マヨネーズ 50g、アンチョビーペースト、ウスターソース、練りがらし 各小さじ1/2) 適宜、ころも(卵 1個、小麦粉 適宜、食パン[6枚切り] 1枚、生パン粉 120g)、塩、こしょう、サラダ油、ごま油

【下ごしらえ】

ころもの準備。食パンの耳を落として手でちぎり、バットに生パン粉とふんわり混ぜて、合わせパン粉にする。

ボウルに卵を溶きほぐし、小麦粉、水各小さじ2を加えて混ぜ、卵液を作る。

【作り方】

1. みじん切りにした玉ねぎは軽く水にさらし、水を絞ってボウルに入れる。ピクルスのみじん切り、マヨネーズ、アンチョビーペースト、ウスターソース、練りがらしを加えて混ぜ合わせる。

※密閉容器に入れて、冷蔵庫で約5日保存可能。

2. えびは凍ったままボウルに入れて水をはり、軽くもんで解凍する。尾を残して殻をむき、さっと洗ってボウルに入れる。重曹をふりかけてよくもみ洗いをし、流水で洗う。重曹の作用でえびに弾力が出る。重曹がなければ酒大さじ2、塩少々でもむと、えびの臭みがぬけてふっくらする。

3. ペーパータオルで水けを拭いて、竹串などで背わたを除く。揚げるときにはねるのを防ぐため、包丁の刃先で尾の先端を少し落として、中の水分をしごき出す。

4. えびの腹を上に向けて、5~6カ所にごく浅い切り目を入れる。

5. えびの背を手前にして置き、2~3カ所、背と反対に折り曲げて、ポキポキと筋を折る。すべて同様にして、ペーパータオルで水けを拭き、塩、こしょう各少々をふる。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ