無料の会員登録をすると
お気に入りができます

運命を引き寄せるために♡魅力的な婚活用プロフィールの書き方

恋愛・結婚

「感情的になりやすい」→「感情が表に出やすいので、ドラマや映画を見ていても喜怒哀楽が出ちゃいます」
「人見知り」→「初対面の人と話すのが得意ではありませんが、仲良くなった人とは長い付き合いになることが多いので、そういう方と出会いたいです」

GettyImages

先述した“具体性”というポイントを押さえるとより◎です。自己PRにもなりますよ。

短所は長所になる!コンプレックスをポジティブに変換する22の方法

あなたがコンプレックスだと思っていること、短所はなんでしょうか。そんなウィークポイントも、視点を変えればあなたの魅力になるんです。
1296

他人からの評価をプラスして個性を出す

性格を説明するときには、他人からの評価を書き添えるのも良いです。客観的な評価があると文章に説得力があり、個性も出て印象に残りやすくなります。

Westend61 / GettyImages

例えば「好奇心旺盛でいろんな趣味があるので、資格もたくさん持っています。周りからは「多趣味だね」「これ教えて」とよく言われます」など。嘘はダメなので実際に言われたことのあることを盛り込みましょう。

職業

特定されない限り具体的に

Luis Alvarez / GettyImages

職業も具体的に書きましょう。ただ「会社員」と書くよりも、「アパレル業界」「食品メーカー」など具体性があると話題も広がります。社名まで出す必要はありませんが、ざっくりとどんな分野なのかは書いておくと良いです。

好きなタイプ・相手への条件

細かすぎる条件はNG

結婚相手に求める条件はたくさんあるでしょう。とはいえ、プロフィールに細かすぎる条件を書くのはNG。男性が「自分は当てはまらないな」と感じると最初から対象としては見られません。

GeorgeRudy / GettyImages

いろんな人と出会っていくつかの条件に合わなくても「この人いいな」と思える人はいます。そのチャンスを逃してしまうのはすごくもったいないですよね。自分の中でもあえて絞りすぎないことも意識しましょう。

GeorgeRudy / GettyImages

容姿・年収・身長・職業などの条件は出会える人を狭めてしまうのでNG。譲れないポイントを1つだけ書くならまだありです。できれば内面や雰囲気を重視した回答がおすすめ。「イケメン」「身長180cm以上」よりは「誠実な人」「思いやりのある人」がベターです。

記事に関するお問い合わせ