無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お使いのブラウザは現在サポートされていません。

一部の機能が正しく動作しない、表示が崩れる可能性があります。

より快適にご利用いただくために、ブラウザをアップデートしてください。

隙間時間に痩せる!効果絶大な「エクササイズ動画」10連発♡

ジムへ行かなくても、隙間時間に気軽に行えるエクササイズを大特集。解説付きで分かりやすく、簡単にダイエット効果が得られる動画を10個ご紹介します。

美容

空いてる時間で効率良く痩せたい!

忙しい毎日だからこそ、空いてる時間にサッとできるエクササイズがあると嬉しいですよね。そこで、隙間時間にチャレンジできるトレーニング動画をお届けします。

1.朝ヨガ

まずは起床後の1分間でできる朝ヨガで、体を目覚めさせましょう。

#💤
#おはヨガ♡
おにゅーiPhone
画質の程はどうなんだい?😀
私が見る限り悪くはないぜよ 。
あんなのもこんなのも
バシバシ撮っちゃおーよ♡
鮮明に残しておきたいでしょ?🤤
。
とりあえず眠いけど撮りたかった
わたしの顔も記録記録🤫
。
。
#なーみヨガ
#yoga#yogini#instayoga#yogalove#yogagirl#おうちヨガ#ヨガ#ヨガポーズ#ダイエット#ストレッチ#脚#二の腕#腹筋#体幹#柔軟#くびれ#バランス#ボディメイク#リラックス#自分磨き#ワークアウト
instagram.com

脚を閉じて前屈したり、開脚して股関節を緩めます。手を後ろで組んで、肩甲骨を動かすのもオススメ!朝ヨガをすると自律神経が整い、体温が上がり血行促進も叶います。体内の巡りが良くなるので、痩せやすい体になりますよ。

2.体幹トレーニング

体の軸である体幹を鍛えることで、インナーマッスルが強化され基礎代謝が高まります。

【体幹、脇腹】
運動すると身体の調子が戻る💋
ただがむしゃらに動くのではなく、
どこを使っているのか
集中することで
自分の身体を
上手くつかいこなしやすくなります🕴🕴
*
他人は関係ない。
競うのではなく、それぞれが自分の満点を目指せばいい🌱
それがきっと地球レベルで争いを止めることにも繋がる🌏🌕←今日のblog
【マインド+エクササイズclass】
日程随時更新✨
札幌 広島 博多 名古屋 東京 大阪 ←受付はblogから🙏
【ライブ配信】
*
筋トレ専用→@chinamimovie
【ポイント】
①腕立てプランクの姿勢
(お尻が上がりすぎたり、腰が反りすぎないように一直線)
②お腹の力を使い、
正面から左膝を胸まで引き寄せる→脚を伸ばす
③脇腹の筋肉を意識しながら身体の横で
左膝を脇の方向へ寄せる→元に戻す
④右足も正面から同様に。
左右×各10〜
3セット🌱から
スタートしてみてください✨
#今年は脚出すで
#あと2キロ
#マインド
#諦めない人生 
#千波メソッド
#美容家
#エステ講師
#インストラクター
#YOGA
#ヒーリング
#筋トレ動画
#体幹トレーニング
#プランク
instagram.com

腕立ての姿勢から、お腹の力を使って片膝を胸に引き寄せます。脚を戻したら脇腹の筋肉を意識して、体の横で膝を脇へ寄せます。反対側も同様に各10回×3セットからスタートしましょう。体幹が鍛えられると、内臓が正しい位置に戻り便秘やポッコリお腹が改善されます。

3.肋骨締め

肋骨を締めることで、美ボディラインと形の良いバストが手に入ります。

@makahou1 on Instagram: “・ ・ 今日は、おうちデーでお片づけ後、昼飯タイムでした😂💦 ・ ・ ブログは、お腹出しての投稿にしてます😊 ・ このアカウントも今度どうなるかわからないですが、ブログ(プロフより飛べます)と#FINCアプリ では更新していきます👍🏻 ・  2枚目はFINCアプリです😊 ・…”
instagram.com

まずはウエストに手を当てて、息を吐きながら圧迫します。手の位置を少しずつ上にずらして締め、腹式呼吸を繰り返しましょう。肋骨は折れやすいので無理に締めすぎず、自分の体と相談しながら行うのがポイント!バストのアンダーが締まることで、胸の位置がアップします。

4.腹筋

TVを観たりお風呂上がりのドライヤー時にオススメのエクササイズをご紹介します。

ヨガ ピラティス パーソナルトレーナー 西口のぞみ🏄‍♀️ on Instagram: “♡ながらトレーニング♡#1分ピラティス解説  今日も海行こうと思ったのに波なーい🏄‍♀️ 冬の新しいウエットとインナー買ったのになーー💦 いつ着れるのやら…😭 - 私ドライヤーしながら何かやるのが日課☺︎ 顔ヨガしたりストレッチしたり 腹筋したりボールで足裏コロコロしたり♡…”
instagram.com

座った状態で上半身を後ろに傾けて、息を吸って両脚を伸ばします。吐いて膝を胸に引き寄せましょう。腰に負担になるので背中をカーブさせるのがコツです。お腹は脂肪が溜まりやすい部位なので、意識的に鍛えて燃焼させるのが大切です。

記事に関するお問い合わせ