無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お腹・お尻・太もも!大きい筋肉に効く「定番エクササイズ」厳選5

筋トレは、大きい筋肉から鍛えるのが効果的です。体幹部分に近いほど筋肉は大きくなるので、スタイルアップが狙える体の中心を狙ったエクササイズを厳選してお届けします。

2018年6月
美容

大きい筋肉を狙って効率良く痩せる!

筋肉が大きいほど、動かすためのエネルギー量が多くなります。

さらに大きな筋肉を鍛えると、連動して小さな筋肉も刺激されます。相乗効果でどんどん引き締まる、筋肉に効かせる定番エクササイズをご紹介します。

1.スクワット

①基本のスクワット

スクワットは、下半身の筋肉全体と腹筋を使います。特に太ももの大きな筋肉を動かすことにより、効率の良いカロリー消費が期待できます。

instagram.com

足を肩幅より広く開いたら、つま先をやや外側に向けましょう。股関節を曲げて、太ももが床と平行になるまでお尻を真下に落とします。スクワットは、膝を曲げる角度によって難易度が変わります。しっかり曲げて負荷をかけていきましょう。

②初心者さん向けスクワット

初心者さんは、ボールや椅子に座るイメージでお尻を落とすのがオススメです。

instagram.com

頭の中で3つ数えながらお尻を落とし、その状態で再度3つカウント!戻る時も3カウントでゆっくり立ち上がると効果的です。つま先から膝が出ないように意識してやってみて下さいね。

③上級者さんはワイドスクワット

基本のスクワットに慣れたら、足幅を広く開いたワイドスクワットに挑戦しましょう。

chinami*美容家 引き寄せ on Instagram: “自宅でダンベルなしでも 効かせる事ができる ワイドスクワット✨ * できるだけ、前腿に負担をかけずに小さい幅、低いところでゆっくりと。 * ・股関節を後ろに引く ・上体と頭は上から引っ張られるようなイメージで 上げておく ・膝は内に入らないように ・膝から下は固定…”
instagram.com

股関節を後ろに引いて、上体&頭は上から引っ張られるようなイメージで上げます。膝が内側に入らないように気を付けて、裏内腿とお尻を意識しましょう。膝を深く落としたり足幅を広げることで、さらに負荷がかかって筋肉をより使います。

2.ドローイン

記事に関するお問い合わせ