無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「玄関入ってすぐリビング」の間取りは失敗?ストレスを解消するヒントは○○だった!

インテリア

こんにちは!【暮らしをラクにする】整理収納アドバイザー&サンキュ!STYLEライターの田中ゆみこです。

築8年の4LDK2階建ての我が家。注文住宅にもかかわらず、完成してみると「もっとこうしておけばよかった。」「なぜ、このような間取りにしたんだろう…」と失敗だらけ。その中でも特に失敗だったのが「玄関入ってすぐリビングの間取り」です。今日は、失敗した間取りを活かすヒントを実例たっぷりにご紹介します。

失敗の間取り「玄関入ってすぐリビングが丸見え」

我が家は、玄関を入るとホールも廊下もなくすぐリビングにつながる間取りになっています。設計から携わり、細部にわたってこだわった念願のマイホームのはずなのに、家が建った時には「あれ?おかしくない?こんなに玄関からリビングが近かったっけ?」と、驚きが隠せませんでした。

そのため、来客があった時、宅急便が届いた時、玄関からリビングに入る扉をうっかり開けっぱなしにしておくと、リビングが丸見え...。実は夫の実家も、同じ間取りで「玄関入ってすぐリビングは嫌だった。」と思っていたそうなのですが、結果、同じ運命をたどることになったのです。

間取りのストレスを解消するヒントは「狭い玄関を上手に使いこなすこと」

「玄関入ってすぐリビング!」のストレスを感じながら生活をしていたのですが、玄関の扉を開けるとリビングが丸見えなのをどうしても解決したくて家族で話し合いました。結果、狭い玄関ではありますが、通販サイトで【間仕切り 羽目板風 つっぱり ラック 】を購入したのです。

Amazonで詳細を見る

季節感を楽しむため、間仕切りラックの玄関側には絵手ぬぐいを飾り、リビング側は収納スペースをつくりました。付属品のフックや棚を使って帽子や衣類をちょい掛けできて、玄関に必要なものを収納するのにとっても便利ではないですか!

「使う場所に使うモノを置く」「動線上に収納場所をつくる」という片づけのルールがありますが、出かける時に必要なハンカチやティッシュ、帽子を間仕切りラックに収納すると、子どもたちがハンカチやティッシュを忘れて登校することがなくなったのです。ウィズコロナの時代に必須のマスクも間仕切りラックに収納しています。狭い玄関を上手に使いこなすことで、「取り出しやすく、戻しやすい!」片づく習慣も身につき、玄関が散らかることがなくなりました。

さいごに

「玄関入ってすぐリビング!」のストレスを解消するヒントはいかがでしたか?間取りは失敗、しかも玄関は狭い...とあきらめていましたが、狭い空間でも空間をかしこく仕切れば目隠しができて、収納スペースもつくれる!一石二鳥の空間を実現できたのです。
「家は3回建てないと理想の家にならない」とよく言われますが、失敗した間取りを活かすことができると生活動線がとてもラクに、そして暮らしが快適になりますよ。参考になれば嬉しいです。

◆この記事を書いたのは…田中ゆみこ
整理収納アドバイザー兼サンキュ!STYLEライター。セリアやニトリ、無印良品が大好きなアラフォーママです。2歳差男子育児奮闘中。家族の暮らしをラクにしたい!をモットーに【整理収納×時短家事】について発信しています。

Instagram
ブログ
サンキュ!STYLEライター「田中ゆみこ」記事一覧
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ