無料の会員登録をすると
お気に入りができます

充実した1日を始めるための「朝習慣」とは?そのメリットと早起きの仕方をご紹介

ライフスタイル

2. モーニングページを書く

朝起きてすぐに書く、モーニングページ。頭に思い浮かんだことを、ただひたすら書き続けることで、自分の考えや夢や理想を明確にできるというもの。自分が本当にやりたいことを知りたい。そんな人はぜひやってみてください

3. SNSをチェックする

SNSのチェックやメッセージのやり取りは、脳や体を目覚めさせる効果があります。仕事前の朝や仕事終わりなど、時間を決めてチェックすると、無駄な時間を使わなくなりますよ。

4. 朝散歩に出る

健康的な朝習慣を始めたい人におすすめなのが、朝散歩。日光を浴びるので、セロトニンを活発化させる効果があります。

5. 部屋を整える

窓を開けて部屋の中の空気を入れ替える、ソファーの上のクッションをきれいに並べる、テーブルの上を整えるなど、小さな子供がいるとなかなかできない整理整頓も、朝の時間帯なら思い通りにでき、1日スッキリ過ごせます。

早起きのコツは「早寝」

朝習慣をするために早起きしたい! そんな人は、まず早く寝ることを心がけましょう。

コツは早起きを習慣化させること、というとふざけているみたいですが、体内時計を整えるのには朝日を浴びることが必須です。体内時計がリセットされてから催眠ホルモン「メラトニン」が分泌されるまで、だいたい15〜16時間ほどかかります。早く起きることができればできるほど、早く寝ることができるという仕組みなのです。

最初はうまくいかないかもしれませんが、朝習慣が習慣化できると、早寝早起きも無理なくできて来ますよ。

朝習慣で1日のパフォーマンス力を高めよう

朝習慣は、基本的には何をしてもOK! 自分の体や心が喜ぶことをすると、その日1日がよりアクティブで楽しいものになります。自分の朝習慣を見つけて、すてきな朝時間を過ごしましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ