無料の会員登録をすると
お気に入りができます

2018年版!関東で7・8月に開催される花火大会8選

花火大会の季節が迫ってきましたね。今年も全国各地で様々な花火大会が開催されます。今のうちからチェックして、より夏を満喫しませんか?今回は関東で開催される花火大会をご紹介します。

2018年6月
旅行・おでかけ

日本の夏の風物詩といえば?

やっぱり花火大会!

夏の風物詩といえば、花火大会!という方も多いのではないでしょうか。誰と行っても楽しめる花火大会は、夏の定番イベントですよね。

そこで、関東で7・8月に開催される花火大会を厳選してご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

7月開催の花火大会

①横浜スパークリングトワイライト2018(神奈川県)

神奈川県横浜市で2日間に渡り開催予定の「横浜スパークリングトワイライト2018」では、伝統的な花火から創作花火まで、3000発が汽笛を合図に打ち上がります。シップパレードや音楽隊によるステージライブなど様々なイベントがあり、1日中楽しめます。

Media?size=l
instagram.com

打ち上げ場所は山下公園前の海上なので、山下公園内は早い時間から混雑が予想されます。花火をゆっくり観賞したいなら、赤レンガ倉庫や港の見える丘公園、臨港パークなどがおすすめです。

Media?size=l
instagram.com

開催日時:2018年7月14(土)・7月15日(日)両日19:30~20:00(荒天の場合中止) 、イベントは11:30~20:15
開催場所:山下公園前海上
昨年度の来場者数:約60万人(イベント全体)

横浜スパークリングトワイライト 公式HP

②第40回足立の花火(東京都)

東京都足立区で開催予定の「足立の花火」は東京都で一番乗りの花火大会なんです。1時間で約1万3600発を打ち上げるというボリュームが魅力で、怒涛のラストは圧巻!見応えのある花火大会となっています。

Media?size=l
instagram.com

打ち上げ場所は荒川河川敷の千住側ですが、より観賞エリアの広い西新井側の方がゆったりと楽しむことができます。荒川の河川敷や土手からなら近い距離で花火を楽しむことができますが、少しでも混雑を避けるなら、扇大橋付近など河川敷以外のスポットがおすすめです。

開催日時:2018年7月21日(土)19:30~20:30
開催場所:足立区 荒川河川敷(打ち上げ場所は千住側)
昨年度の来場者数:約66万人

足立区観光交流協会 公式HP

③第70回鎌倉花火大会(神奈川県)

神奈川県鎌倉市で開催予定の「鎌倉花火大会」の名物はなんといっても水中花火!水中に向かって投げ込まれた花火が美しく扇状に開きます。夜空に上がる花火と水中に広がる花火を同時に堪能することができますよ。

Media?size=l
instagram.com

メイン会場は由比ヶ浜海岸・材木座海岸ですが、材木座海岸のほうが比較的混雑を避けられる様子。披露山公園なら、花火だけでなく江の島も一望できますよ。

開催日時:2018年7月24日(火)19:20~20:10(荒天・高波の場合25日に順延)
開催場所:由比ヶ浜海岸・材木座海岸
昨年度の来場者数:約15万人

鎌倉市観光協会 公式HP
第69回鎌倉花火大会2017 公式HP

④幕張ビーチ花火フェスタ2018(千葉県)

千葉県美浜区で開催予定の「幕張ビーチ花火フェスタ2018(第40回記念千葉市民花火大会)」は、花火の打ち上げ総数が2万発と国内最大級の花火大会なんです!5部構成で、各部それぞれにテーマがあり飽きることなく楽しめます。メイン会場は幕張海浜公園ですが、混雑を避けるなら幕張海浜公園の平行線上にある稲毛海浜公園での観賞がおすすめです。

Media?size=l
instagram.com

開催日時:7月27日(金)19:30~20:30(荒天の場合、当日午前9時に決定し中止)
開催場所:幕張海浜公園(千葉市美浜区美浜1)
昨年度の来場者数:約30万人

幕張ビーチ花火フェスタ 公式HP

8月開催の花火大会

⑤東京花火大"〜EDOMODE〜"(東京都)

東京都港区で開催予定の「東京花火大祭"〜EDOMODE〜"」は、世界最高峰の花火師が集結するという豪華な花火大会です。アクアシティお台場屋上の特設舞台では、花火をバックに歌舞伎俳優の市川海老蔵さんが舞踊を披露するという贅沢な催し物も。

Media?size=l
instagram.com

全席有料ですが、日本を代表する花火師たちの花火は一見の価値ありです!すでに売り切れの席もあるので、早めにチェックしてくださいね。

Media?size=l
instagram.com

開催日時:2018年8月11日(土) 16:00開場〜20:30(荒天の場合12日に順延)
開催場所:お台場海浜公園(東京都港区台場一丁目)

東京花火大祭 公式HP

⑥第59回いたばし花火大会(東京都)

東京都板橋区で開催予定の「いたばし花火大会」は、昭和26年から開催されている歴史ある花火大会です。戸田橋花火大会と同時開催されるので、場所によっては同時に2つの花火を楽しめるんです。花火を見に行けば、"実力のいたばし花火大会"と称される理由が分かるかもしれませんね。

Media?size=l
instagram.com

少しでも混雑を避けるなら、浮間公園での観賞がおすすめです。浮間公園は一面芝生なので寝そべってのんびりと観賞することができますよ。浮間舟渡駅から徒歩約5分とアクセスが良いのも魅力です。

itabashihanabi.jp

開催日時:8月4日(土)19:00〜20:30(荒天の場合5日に順延)
開催場所:板橋区 荒川河川敷
昨年度の来場者数:約52万人

いたばし花火大会 公式HP

⑦寄居玉淀水天宮祭花火大会(埼玉県)

埼玉県寄居町で開催予定の「寄居玉淀水天宮祭」は、昭和6年から続く伝統ある祭りです。水難除けや安産、子育てなどを祈願するこの祭りは関東一の水祭りと称されています。祭りの中で行われる花火大会も人気で、ぼんぼりや提灯で灯された舟山車と花火のコラボは美しく趣があります。有料観覧席が1人あたり1000円〜とお手頃価格なのも魅力です。

Media?size=l
instagram.com

開催日時:2018年8月4日(土)19:00~21:00(雨天の場合中止)
開催場所:玉淀河原(寄居町大字寄居)
昨年度の来場者数:約6万人

寄居町 公式HP
さいたまつり 寄居玉淀水天宮祭レポート

⑧第72回あつぎ鮎まつり大花火大会(神奈川県)

神奈川県厚木市で2日間に渡り開催予定の「あつぎ鮎まつり」では、1日目の夜に大花火大会が行われます。花火の打ち上げ場所と観賞場所が近く、とても迫力があります。最後を飾る大ナイアガラも魅力です。

Media?size=l
instagram.com

打ち上げ場所は相模川、中津川、小鮎川の3つの川が合流する河川敷で、相模川の河川敷は混雑が予想されます。あつぎ鮎まつりは午前から様々な催し物があるので、1日滞在できるという方には日中のイベント会場となる厚木中央公園での観賞がおすすめです。

www.atsugi-kankou.jp

開催日時:2018年8月4日(土)19:00~20:30(荒天時は5日に順延)
開催場所:厚木市厚木 相模川河川敷(三川合流点)
昨年度の来場者数:約18万人

厚木市 公式HP
厚木市観光協会 公式HP

ひと夏の思い出に♡

今年の夏も花火を楽しもう

Media?size=l
instagram.com

いかがでしたか?どの花火大会も魅力的ですよね。今回ご紹介した花火大会の他にも、関東ではたくさんの花火大会が開催予定です。家族や友人、彼を誘って足を運んでみてください♡

記事に関するお問い合わせ