無料の会員登録をすると
お気に入りができます

2018年版!関東で7・8月に開催される花火大会8選

旅行・おでかけ

日本の夏の風物詩といえば?

やっぱり花火大会!

夏の風物詩といえば、花火大会!という方も多いのではないでしょうか。誰と行っても楽しめる花火大会は、夏の定番イベントですよね。

そこで、関東で7・8月に開催される花火大会を厳選してご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

7月開催の花火大会

①横浜スパークリングトワイライト2018(神奈川県)

神奈川県横浜市で2日間に渡り開催予定の「横浜スパークリングトワイライト2018」では、伝統的な花火から創作花火まで、3000発が汽笛を合図に打ち上がります。シップパレードや音楽隊によるステージライブなど様々なイベントがあり、1日中楽しめます。

打ち上げ場所は山下公園前の海上なので、山下公園内は早い時間から混雑が予想されます。花火をゆっくり観賞したいなら、赤レンガ倉庫や港の見える丘公園、臨港パークなどがおすすめです。

開催日時:2018年7月14(土)・7月15日(日)両日19:30~20:00(荒天の場合中止) 、イベントは11:30~20:15
開催場所:山下公園前海上
昨年度の来場者数:約60万人(イベント全体)

横浜スパークリングトワイライト 公式HP

②第40回足立の花火(東京都)

東京都足立区で開催予定の「足立の花火」は東京都で一番乗りの花火大会なんです。1時間で約1万3600発を打ち上げるというボリュームが魅力で、怒涛のラストは圧巻!見応えのある花火大会となっています。

打ち上げ場所は荒川河川敷の千住側ですが、より観賞エリアの広い西新井側の方がゆったりと楽しむことができます。荒川の河川敷や土手からなら近い距離で花火を楽しむことができますが、少しでも混雑を避けるなら、扇大橋付近など河川敷以外のスポットがおすすめです。

開催日時:2018年7月21日(土)19:30~20:30
開催場所:足立区 荒川河川敷(打ち上げ場所は千住側)
昨年度の来場者数:約66万人

足立区観光交流協会 公式HP
記事に関するお問い合わせ