無料の会員登録をすると
お気に入りができます

梅雨のうねりに! スタイリスト直伝3分でできる簡単「前髪アレンジ」

雨が降る季節や汗をかく日は、前髪だけうねっちゃう……なんてことありますよね。実は、前髪は他の髪よりも細くうねりやすいんです。そんなうねってしまった前髪を救うアレンジ方法を2パターン、ヘアメイクアップアーティストの高松由佳さんに教えてもらいました。

写真・大嶋千尋 ヘアメイク・高松由佳 文・三谷真美 モデル・布川桃花

ヘアスタイル

パターン1.簡単な前髪アレンジ

うねった前髪を出先で直すのは難しいし、どうせまたうねってしまうので、直すよりも、キープ力のあるスタイリング剤をつけて留めてしまうのが正解です。結んでくるりんぱするだけの簡単アレンジをマスターしましょう!

1:顔まわりの長い髪を少し取って前髪と合わせます(a)。合わせた髪をゴムで結びましょう(b)。

2:1で結んだ髪の毛束をくるりんぱします(a)。ゴムをおさえながら、くるりんぱを引き出して崩します(b)。崩すときは、ゴムと遠い部分から結び目側へ向かって順番に引き出すと、バランスをとりやすいです。

3:髪の毛束を耳にかけゴムの近くをピンで固定し、サイドの髪を上からかぶせてゴムとピンを隠します。髪の量が多くて浮いてしまう場合は、耳のうしろ側もピンで留めると安定感が増します。

パターン2.ねじるだけ前髪

ねじってとめるだけで大人っぽい前髪アレンジができちゃいます。たった3分でできる簡単アレンジで、気分の上がらない雨の日を乗り切りましょう!

1:髪のわけ目をジグザクにします。こうすると髪がペタンコにならないから◎。写真のようにセンター分けでも、わけ目をサイドにしてもOKです。

2:片側ずつねじっていきます。まず、片方のわけ目に近い髪を少し取り、うしろへ向かってねじる。

3:2でねじった髪のすぐ近くの髪を少し取り(a)、2とねじり合わせる(b)。2〜3を2回繰り返して耳上までねじる。髪の量に合わせて毛束を取る回数を変えて。

4:髪の毛先をピンで固定し(a)、サイドの髪を上からかぶせてピンを隠す(b)。ねじった髪の毛束と地肌の髪を固定するイメージで、髪の毛先側から留めると崩れにくい。反対側の髪も同様に、ねじって留めて隠したら完成です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ