無料の会員登録をすると
お気に入りができます

こだわり派の仲間入り。ゼロから学ぶ「器集め」のはじめ方

インテリア

「そろそろ器にこだわってみたい」「だけど器の知識はからっきし。何を選べばいいかわからない」今回はそんな方々へ、器集めの始め方についてアドバイスを贈ります。ぜひこの機会に「なぜ器にこだわってみたいと思ったのか」を改めて考えてみてくださいね。

茂山 夏子

2. 柄モノと無地を使い分ける

続いては、器のデザインから選ぶ方法。シンプルな無地の皿は、ひと皿に数種類の料理を盛り付けたいときにおすすめ。装飾がないぶん、各料理が引き立ちます。

逆に柄モノの器は、一品モノの料理を盛り付ける際に役立ちます。和食の副菜、ちょっとした箸休めなども、絵付きの小鉢に盛ると美しく映えますよね。

初めのうちは『無地の器=洋食用』『柄モノ=和食用』と考えて器を選ぶと「買ったはいいけど使いにくい……」という失敗が起きにくくなるでしょう。

3. 焼き物の種類を知る

有田焼、益子焼、波佐見焼など、焼き物にはさまざまな種類がありますね。それぞれの特徴を知って料理との組み合わせを考えて……というのは上級者向けですが、同じ種類の焼き物を並べると、食卓全体の雰囲気に統一感が生まれます。

気に入った焼き物を見つけたら、同シリーズの茶碗、器、小鉢などを数種類手に入れておくとコーディネートに困りませんよ。

まずは「好き」を探しに行こう!

Photo by macaroni

「あの作家さんがすてきで~」「○○焼きは手に馴染んで使いやすくて~」このような言葉にピンと来なくても大丈夫。"器にこだわる"と聞くと敷居が高いと感じるかもしれませんが、自分が「好き」と思える器を見つけていく、それがこだわりにつながっていくんです。

「料理を楽しめない」「最近、作業的になりがち」という方は、ぜひ好みの器を探しにお出かけしてみてはいかがでしょう?きっと、お料理したい意欲が湧き、毎日に新しい楽しみが生まれるはずですよ♪

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ