無料の会員登録をすると
お気に入りができます

1人分驚異の86kcal以下! 何杯おかわりしても罪悪感がないはるさめスープ5選

レシピ

ダイエット中でもお腹いっぱい食べたいと思った時は、あたたかいスープを準備しましょう。低カロリーな上に、食卓に1品プラスするだけで満足感がアップします。今回は何杯おかわりしても罪悪感がないはるさめスープ5選をご紹介。時短で作れるメニューも多いので、朝食としてもおすすめですよ。

トマトとはるさめの中華スープ

【材料・2人分】

トマト 1個、はるさめ 20g、スープ(とりガラスープの素 小さじ1/2、塩 小さじ1/3、こしょう、ごま油 各少々、水 2カップ)

【作り方】

1. トマトは乱切りにする。はるさめは4~5cm長さに切る。

2. 鍋にスープの材料を煮立て、はるさめ、トマトの順に入れ、弱火で約1分煮る。器に盛り、好みで万能ねぎの小口切りを散らす。

(1人分55Kcal、塩分1.3g、調理時間5分)

具材を炒めず、鍋で約1分煮るだけででき上がる中華スープです。事前にはるさめを戻す必要もありません。トマトのほのかな酸みとごま油のこうばしさが絶妙にマッチして、夏らしさを感じる味に仕上がっています。

はるさめスープ

包丁も鍋も使わないからとっても簡単。かに風味かまぼこととりガラスープの素でコクを出します。

ハムのはるさめスープ

ハムと玉ねぎでボリュームを出します。ハムは火が通りすぎないように、最後に加えてサッと煮ればOK。

はるさめスープ

「めかじきのレモンエスニック鍋」で残ったスープを利用しましょう。ナンプラーと香菜のコンビが相性抜群。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ