無料の会員登録をすると
お気に入りができます

毎日見るから気をつけよ♡恐怖の「スマホ顔」改善法

毎日スマホを見ていると、「スマホ顔」になってしまっているかもしれません。スマホ顔とはいったい何か、どうやったら予防できるのかを解説します。

2018年6月
美容

今、この瞬間「スマホ顔」になってない?

たるみ・しわの目立つ老け顔に…

今、この記事をスマホで読んでいる方、「スマホ顔」になっていませんか?「スマホ顔」というのは、スマホを見続けているとその姿勢や表情から、顔のたるみやしわが目立つ老け顔になってしまうこと。

現代社会においてスマホは欠かせないアイテムなので、「スマホ顔」になってしまっている人が多いのです。気付いたら年齢よりも上に見られていた!なんてことがないように、スマホ顔を改善する方法を学びましょう。

「スマホ顔」セルフチェック

スマホを見て10分後にインカメで顔を見る

まずは自分がスマホを見ているときにどんな顔になっているのか現状をチェック。いつもスマホを使うときの姿勢になり10分間スマホを見ましょう。最初は姿勢良く見ていたと思っていても、段々と姿勢が崩れて顔が下向きになっているはずです。

その状態でカメラアプリを起動して、インカメラで自分の顔を見てみましょう。無表情で顔がたるんで、驚くほど老けて見えるはず。それが「スマホ顔」なのです。

「スマホ顔」になってしまう原因

「ずっと同じ表情」で表情筋が凝り固まる

スマホを見ていると表情が変わることはほとんどありません。基本的にはずーっと無表情でスマホを見ています。

顔の表情筋を動かすことがないと筋肉が衰えて、凝り固まってしまいます。そうすると皮膚も下がりやすくなり、老け顔になってしまうのです。

「眼精疲労」でしわ・クマ・たるみ目に

スマホをずーっと見ていて、目がしょぼしょぼしたりドライアイになったりと、眼精疲労を感じたことがある人もいるのでは? スマホを見続けていると目がほとんど動かないので、目を動かすための外眼筋という筋肉の機能が低下してしまいます。

その結果、目への血流が減り、目の周りのしわやクマも生じやすくなってしまうのです。また、まぶたも垂れ、老けて見えるだけでなく目が小さくなってしまいます。眼精疲労も老け顔を加速させる原因のひとつです。

記事に関するお問い合わせ