無料の会員登録をすると
お気に入りができます

フルーツ食べ放題も!東京で絶品「ランチビュッフェ」が楽しめるおすすめ3軒

旅行・おでかけ

いろんな種類をまんべんなく、好きなだけ食べたい!そんな願いを叶えるならランチビュッフェがおすすめ!オーガニックコスメショップとコラボしたサラダビュッフェや、毎月人気で予約必須のフルーツビュッフェ、本格タイ料理が楽しめるお店をご紹介します。

編集部 / Hanako編集部

1.ボリューミーなサラダで体の内側からキレイに!〈Cosme Kitchen Adaptation〉/恵比寿

オーガニックコスメのセレクトショップが運営するレストラン。約20種類の生野菜と3種類のデリ、2種類のスープが食べ放題のサラダビュッフェが人気だ。

クリーンイーティングビュッフェ1,980円(単品とセットの場合は+1,280円)。キャロットラペやオーガニックパスタのマリネなどデリは日替わり。グルテンフリーのパスタやスイーツ、コールドプレストジュースなどのメニューも豊富。

自家製のドレッシングは5種類。ゴジベリーやカカオニブなどのスーパーフードもラインナップ。サラダの上のアクセントに。

(Hanako1134号掲載/photo : Megumi Uchiyama styling : Hiroko Okuda text : Mariko Uramoto)

Cosme Kitchen Adaptation
恵比寿駅

Cosme Kitchen Adaptation

2.宝石のようなフルーツに目移りしっぱなし!〈RAMO FRUTAS CAFE〉/銀座

4丁目交差点に誕生した〈GINZA PLACE〉の3階。大きな窓から銀座を見渡せる希少な立地だ。「ラモ フルータス」とはスペイン語で「果物のブーケ」という意味。その名のとおり、和洋のスイーツからカレーまで、メニューはとことんフルーツずくめ。

食材は老舗の〈フタバフルーツ〉が厳選。月に2日間だけ開催される「フルーツビュッフェ」は旬のフルーツが食べ放題。予約受付当日に満席になるほどの人気プランだ。

旬のフルーツをふんだんに使ったパフェやパンケーキ、パスタやタコライスなどのミールプレートも充実。日本初のコールドプレスジュース専門店〈サンシャインジュース〉とコラボレートしたドリンクや、フルーツやハーブを入れたウォーターバーなど、話題性のある一品にも挑戦したい。

(Hanako1130号掲載:photo:Kenya Abe, Akiko Mizuno(Brioche) text:Hiroko Yabuki)

RAMO FRUTAS CAFE
銀座駅

RAMO FRUTAS CAFE
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ