無料の会員登録をすると
お気に入りができます

飾っても楽しい水耕栽培♡キッチンのインテリアにもなる#リボべジ

インテリア

「リボべジ」始めてみませんか?

みなさんは「リボべジ」という言葉を聞いたことがありますか?リボべジとはリボーンベジタブルの略で、「野菜の再生栽培」のことです。再生すればもちろん食べることが出来ますし、そのまま飾っておいてグリーンインテリアとしてステキです♡そんなリボべジの魅力をご紹介します。

食べても眺めても良い♡リボべジの魅力

インテリアにもGOOD!

リボべジの魅力は、野菜として再利用できるだけでなく、成長する段階をグリーンインテリアとして楽しめることです。キッチンやリビングに、グリーンがあるだけで癒しを感じられますよね。

このようにいくつかの植物と合わせてリボべジを並べれば、立派なインテリアの一つに!まるで野菜とは思えないですよね。

手軽に始められる家庭菜園

例えば一人暮らしの人に「家庭菜園を始めよう」と言ってもハードルが高いもの。でも、リボべジならば心配ありません。必要なものは、野菜を入れる容器とお水だけです。容器はお皿でも、コップでも構いません。あとは毎日水替えを忘れずに行えばOK。できれば日当たりが良い場所においてあげると良いですね。

どんな野菜が再生できるの?

豆苗

リボべジするのはもはや定番化している豆苗。豆がある部分から2~3センチのところをカットして水に漬けておけば、ニョキニョキと瞬く間に成長します。一度購入すれば2~3回収穫できるので、お財布にとっても優しいですね。

小ねぎ

dianazh / GettyImages

お料理の彩り野菜として欠かせない存在の小ねぎも、根っこつきのものを買えば再生できます。数本をゴムで束ねて、グラスのような少し深めの容器に入れておくと良いですよ。

人参

記事に関するお問い合わせ