無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お使いのブラウザは現在サポートされていません。

一部の機能が正しく動作しない、表示が崩れる可能性があります。

より快適にご利用いただくために、ブラウザをアップデートしてください。

恋愛上手になる!「可愛げのない女」から脱却する魔法の方法

男の人や彼氏に甘えたりするのは、どうも媚びているようでできない、という意識がある人は、逆に過剰に愛想が悪かったり、冷たい態度を取ってしまったりしていて、「可愛げのない女」と思われている可能性があります。そんな状況から脱却するためのコツをまとめてみました。

恋愛・結婚

自然な「可愛げ」を身につけたい!

Photo by Allef Vinicius / Unsplash

「媚び」と「可愛げ」は異なるもの

男性に媚を売りたくなくて、甘えたり頼ったりできない女性は多いですよね。でも「可愛げ」と「媚び」は異なるもの。人に気に入られようとする打算が見えると、それは「媚び」になります。「可愛げ」は、内面から滲み出てくるものなのです。

もしかしたら「可愛げ」のない女性になってるかも?

あなたが恋愛で男性に「もっと甘えたり、頼ってくれてもいいのに」と言われた経験がある場合は、可愛げのない女性になっている可能性があります。

www.pexels.com

プライドが高く、人を頼れなかったり、無愛想で笑顔が少なかったりすると、相手との間に壁ができてしまいます。また上から目線や、完璧主義であると男性があなたの心に入る隙を失い、恋愛に発展しづらくなってしまうのです。

Photo by rawpixel / Unsplash

他人から見れば「可愛げがないな」とすぐわかることも、自分のこととなるとなかなか気付けないもの。社会的立場が上だったり、指導する立場だとつい威厳を出そうと、笑顔が少なくなったり、上から目線になったりしがちです。

しかしビジネスのつながりも人間関係が基本になっています。今の姿勢を変えて、親しみを込めて笑顔で感謝する言葉を使うようにしても、あなたの威厳がなくなるわけではありません。「可愛げ」をつけることは心に余裕を持つことに繋がるかもしれませんよ。

「可愛げ」を身につけるには?

こわばった今までの姿勢を崩して、「可愛げ」のある女性になるにはどうしたらいいのでしょうか?チェックしてほしいポイントをご紹介します。

⒈完璧を目指さない

愛すべき人はどこかに隙があります。仕事や勉強に完璧なのは素晴らしいことですし、それによって過去の能力が高く評価されているのかもしれません。

しかし、人に対して完璧である必要はありません。時に弱さや悩みを打ち明けることで愛らしさや魅力が出るものなのです。

記事に関するお問い合わせ