無料の会員登録をすると
お気に入りができます

別れたくない!「距離を置こう」と言う男性の4つの本音とは

長年付き合っている彼と結婚を意識していたのに、いつの間にか距離ができてしまい、「距離を置こう」と言われてしまう女性は少なくないようです。なぜそうなってしまうのか、その傾向と原因をご紹介します。

恋愛・結婚

男性の「距離を置こう」の本音と建前

彼氏に愛情を注いでいるつもりなのに「距離を置こう」と言われてしまう原因は、女性がついついやってしまいがちな行動や言動だったりします。良かれと思ってした行動が、男性にとってマイナスでしかないこともあるのです。

どうすれば彼の気持ちをつなぎとめることができるのでしょうか?男性心理を理解した上で対策すれば改善できるかもしれません。頑張っているのに 「距離を置こう」と言われてしまう原因と男性心理をご紹介しましょう。

⒈口うるさく言われたくない

男性に細かく口出しするのはダメ

彼のことを思って、何度も誤りを指摘したり、アドバイスをしたりしていませんか? 口うるさい女性が苦手な男性も多いようです。また、女性はわかっていても男性に複数のことを求めてしまいがち。例えば、彼氏が仕事中に話しかけたり、テレビを観ている時に近況報告したりしていませんか?

複数のことを同時進行できず、1つのことに集中するタイプの男性も多いようです。余裕がない時に何回も同じことを言われたりするのは嫌なものですよね。 複数のことを一気に口出ししてくる彼女にイライラしてしまいます。

また、1つのことに集中したい時、処理や作業など何かを行っている最中は他人から話しかけられたくないものです。こうしたケースで口出しを繰り返してしまうと、男性は彼女と距離を置きたくなります。

彼の承認欲求を満たしてあげる

ではどうしたらいいでしょうか。 彼の承認欲求を満たしてあげることで、関係はぐっと改善されます。「仕事頑張ってるね」や「いつも目標に向かって努力してる姿が素敵だよ」といった一言で彼の承認欲求が満たされます。

女性も自分の話を聞いてほしい!と思うかもしれませんが、まずは一言でいいので彼を労ってあげてください。また、やらなければいけないことが溜まると嫌気がさして能力が低下してしまうタイプも多いので、男性に話しかけたい時は、小出しにしてみるといいかもしれません。

⒉つい喧嘩をしてしまう

交際期間が長くなると喧嘩が増える理由は?

男性は喧嘩が多くとなると、別れることが頭によぎります。付き合い始めはラブラブだったのに、月日が経つにつれて喧嘩が増えるカップルは多いようです。一緒にいる期間が長くなれば、相手のことを深く理解できているはずなのに、不思議ですよね。

ではなぜ喧嘩が増えてしまうのか。 交際期間が長くなると、彼のプライベートゾーンに踏み込んでしまいがちです。 生まれ育った環境が違うから、お互いの常識が違うのも当然ですよね。頭ではわかっているのに、交際期間が長くなるとそのことを忘れてしまうのです。

記事に関するお問い合わせ